専業主婦の妻から「安月給だから仕事の後、朝までコンビニで働け」「有休を取ると出世しない」と責められる夫の悩み

14

2021年06月21日 17:50  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

「結婚は人生の墓場」という言葉がある。日本においては結婚をネガティブに捉える意味で使われるが、結婚しても幸せに暮らしている夫婦はたくさんいる。では、「結婚=墓場」になってしまう夫婦には、どのような特徴があるのだろうか。

福島県の50代男性は、年収750万円の正社員エンジニア。大黒柱として専業主婦の妻を養っている。男性は妻からぶつけられる、辛辣な言葉の数々をキャリコネニュースに明かした。(文:福岡ちはや)

「私は家族中から嫌われています」

男性は、家庭での自身の扱われ方について、

「妻から『有給休暇を取ると出世しない。できる人は有給を取らない』『普通は始発で出社して終電で帰ってくる』『安月給だから、会社から帰ってきたあと朝までコンビニで働け』『私は専業主婦で平日に家事をしているから、土日はあなたがやって』としょっちゅう言われています」

と明かす。「何度も違うと説明しましたが、理解できないようです」と不満を述べた。そのうえ、

「私だけに言うならまだしも、最近就職した息子にも同じことを言うので、私は家族中から嫌われています」

と嘆く。家族のために身を粉にして働いている男性に対して、あんまりな仕打ちだ。しかし、男性の妻に対する言い草も、なかなか酷い。

「私の妻は一流大学を出たのに仕事が長続きせず、数年間正社員で働いただけで、社会人としての進化が終了しました」

男性は男性で、専業主婦の妻を無意識のうちに見下しているのではないだろうか。お互いに尊敬する気持ちがなければ、夫婦関係が悪化するのは仕方のないことだろう。

「『家事も立派な仕事だよ!』と思い腹が立ちます」

愛知県の30代女性は、小学生3人の子育てと家事に追われながら、フルタイムのパート勤務をしている。年収100万円ほどで家計に貢献しており、「仕事から帰ってきても、掃除・食事の準備・子どもたちの学校の準備や宿題の確認でバタバタして、座るヒマもありません」と毎日忙しい。女性は、

「たまに学校の用事などで土日を含めた連休になると、夫は私の連休の日数を数え、『いいなー!ゴールデンウィークじゃん』と言ってきます。仕事が休みでも、それは自分のための休みではありません。それに家事は毎日やっているのに、そんな言い方しなくても……『家事も立派な仕事だよ!』と思い腹が立ちます」

と胸中を明かした。夫が家事の大変さを理解できないのは、

「夫は仕事から帰ってきても、自室で携帯ゲームや動画などを楽しんでおり、何も手伝いません」

と女性が言うとおり、家事を一切やらないからだ。このままでは、女性の"夫に対する愛情"が冷めてしまうのも時間の問題だろう。

相手を思いやる気持ちを忘れると、「結婚=墓場」になってしまう。幸せな結婚生活を続けたいなら、今一度自分の言動を見直すべきかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「夫・妻に対する不満」のほか「夏のボーナスいくらですか?」やオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

このニュースに関するつぶやき

  • 何でも対価で考えてるとこういう話が増える気がする。お互いの失敗、足らなさを受け入れられるのが愛情なんだと思うよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 色々大変ですなー( ´゚д゚`)アチャー
    • イイネ!16
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(13件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定