NICT、光伝送で世界記録更新 従来記録の2.7倍 「Beyond 5G」以降の通信システム基盤に

23

2021年06月21日 19:32  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真NICTの実験成果とこれまでの標準外径光ファイバーの伝送容量・伝送距離
NICTの実験成果とこれまでの標準外径光ファイバーの伝送容量・伝送距離

 情報通信研究機構(NICT)は6月21日、市販の研究開発用・標準外径の4コア光ファイバーを使い、データを毎秒319テラビット(Tbps)で3001km伝送することに成功したと発表した。伝送能力はこれまでNICTが持っていた世界記録の約2.7倍に当たるという。「Beyond 5G」以降の基幹系通信システムの基盤として、早くて2025年以降の実用化を見込む。



【その他の画像】



 光通信ではデータを長距離にわたって伝送すると光信号が徐々に損なわれるため、信号を増幅する必要がある。これまで利用されてきた波長帯域(C帯、L帯)ではそれが可能だったが、今回の実験で用いた波長帯(S帯)では光増幅技術が伴わず、数十km程度しか伝送できない課題があった。



 新技術ではC帯、L帯に加えてS帯も用いて広帯域化した上で、1本の光ファイバーに異なる波長の光信号を送る波長多重技術や、複数の増幅方式を活用。319Tbps、3001kmの長距離・大容量伝送に成功した。伝送能力を示す一般的な基準である「伝送容量と距離の積」は毎秒957ペタビット×kmで、従来記録の約2.7倍に相当するという。



 NICTは、通信量の増加が想定されるBeyond 5G以降の基幹通信システム構築に同技術が役立つと見込んでいる。


このニュースに関するつぶやき

  • どうせ記事書くならもう少し一般人にもわかりやすいように書けばいいのに。なにかに例えるとかさ。これだと専門的な知識を持ってる人しかなんのことか分からないよね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • たまたま昨日、この組織の電波測定車見かけたわ。 https://mixi.at/aa1WQgN
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定