【丸亀製麺・はなまる】テイクアウト「うどん弁当」徹底比較!! “味・コスパ”どっちがオトク?

4

2021年06月22日 11:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真【丸亀製麺 3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当】丸亀製麺のうどんが弁当になって登場
【丸亀製麺 3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当】丸亀製麺のうどんが弁当になって登場
誰もが1度は食べたことがあるであろう「丸亀製麺」と「はなまるうどん」から、お持ち帰りうどんが発売されたと聞いて早速持ち帰ってみました。

【画像あり】“丸亀製麺・はなまるうどん”を徹底比較! コスパ抜群「うどん弁当」(写真をみる)

2商品とサイドメニューを食べ比べていき、勝手にナンバーワンを決定します!

メインの食事だけでなく、食事にプラスワンするのにも便利です。

気になる商品があったらぜひ食べてみてくださいね。

■丸亀製麺のお持ち帰り弁当

リーズナブルながら本格的な打ちたてうどんを楽しめる丸亀製麺が、「うどん弁当」という新しい取り組みを始めました。

うどんを弁当のように見立てて、テイクアウトできるので、店舗以外の場所でも、打ちたての味を楽しめるようになったのです。

天ぷらなど、サイドメニューのお持ち帰りも可能なので、自分好みのうどんを、自由にカスタマイズできるのも魅力的な点です。

■【お持ち帰り専用】3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当

今回は、お持ち帰り専用のうどん弁当を注文しました。

天ぷらの種類は、2〜4種類の中から選ぶことができるので、ボリュームを自由に調整することができます。

今回は、エビ天、ちくわ天、かきあげがのっているお弁当を頼みました。

タッパー型の容器に、ぎっしりとうどんと天ぷらが入っており、かなりのボリューム感を感じます。

天ぷらのほかに、トッピングのネギと卵焼き、きんぴらごぼうが入っているので、まさにお弁当のような見た目です。

中にはつゆの袋が入っていたので、弁当の容器の中に流し込んでうどんを食べます。

つゆの量は多すぎないので、外で食べるのにも便利だと感じました。

肝心のうどんは、店舗で食べるような弾力感を保っていて、コシを感じられる仕上がりでした。

持ち帰るまでに、約30分ほどかかりましたが、つゆも別になっているので、特に劣化を感じることはなかったです。

■【季節限定】神戸牛と大和芋のとろ玉うどん

牛肉ととろろ、温玉が乗っている贅沢すぎるうどんが期間限定で発売されていたので、挑戦してみることにしました。

うどんが入っている容器の上に別で、牛肉ととろろが乗っていました。

食べる前に全部をのせて、贅沢に食べられるうどんです。

実際に食べてみると、しっかり味の染みこんだ牛肉と、ねばねばしたとろろがうまく絡み合って、最高のご褒美に感じられました。

新生活で疲れた方の、プチ贅沢にもおすすめできる味わいです。

■【サイドメニュー】さつまいも天

丸亀製麺では天ぷら単品もテイクアウトすることができます。

天ぷらのお持ち帰り方法は、店舗に置いてあるケースを組み立てて、そのケースに天ぷらを入れるというもの。

量によって、大きさを変えられるので、たくさんお持ち帰りしたい方も便利だと感じました。

頑丈な、箱型の容器を使ってお持ち帰りができるので、こぼれたりすることなく、安心して持ち帰りできるのがメリットです。

定番のさつまいも天は、もちろんうどんとの相性も抜群ですよ。

かなり大きいサイズなのですが、厚さがないので、サクサクした食感を楽しめるのがポイントです。

■【サイドメニュー】ちくわ天

ちくわをそのまま、天ぷらにしたような大きさが特徴的なちくわ天は、ふわふわした食感とサクサクした衣の2種類の食感を楽しめます。

1本でかなりの満足感なので、うどんのパートナーにふさわしい商品です。

■はなまるうどんのお持ち帰り弁当

本場讃岐をイメージして作られた、はなまるうどんもお持ち帰りうどんを販売しています。

香川県で生まれた、はなまるうどんを店舗だけでなく、自宅や外出先などでも楽しめるようになったのです。

■塩豚温玉ぶっかけ

特製の塩だれにつけた豚バラ肉と、大根おろし、レモン果汁が合わさった、バランスのいいうどんです。

さっぱりした味付けなので、これからの暑い季節にもぴったりの商品です。

つゆとは、別に具が盛られているので、食べる前につゆにつけて食べることができ、伸びていないうどんを自宅でも楽しめます。

温泉卵は容器に入っているので、持ち帰っている途中に割れる心配もありません。

ぶっかけらしく、すべてをのせてみると、かなりのボリューム感。

ただ、さっぱりした味付けなので、食べ続けても重くなってきません。

持ち帰り時間は約30分程度でしたが、店舗で食べるようなモチモチ感を実感できました。

■明太おろししょうゆ

明太子と、大根おろしのシンプルな組み合わせながら、人気を集めている定番の商品を、お持ち帰りで楽しむことにしました。

明太子が容器についてしまいましたが、漏れることなく自宅に到着しました。

こちらも、つゆと具は別になっているので、食べたいタイミングでうどんを作ることができます。

つゆと混ぜてみると、若干つゆが多くて大部分が浸かってしまいました。

半分くらいから、混ぜてみることをおすすめします。

明太子のピリ辛感を期待していたのですが、量が少なかったのかそこまで感じられませんでした。

ただ、うどん自体はおいしく、コシのある食感を楽しむことができました。

■【サイドメニュー】焼き芋天

はなまるうどんでは、透明の容器が用意されているので、それを活用して天ぷらをお持ち帰りします。

好きな組み合わせで持ち帰れるので、夕飯のおかずにプラスするのもおすすめです。

焼き芋というだけあって、ほくほく感の強い天ぷらでした。

まさに焼き芋を、そのまま天ぷらにしたかのような甘さを感じられ、芋好きにはたまらない1品です。

しっかりと厚みがあるので、ボリューム感たっぷりの天ぷらでした。

デザート感覚でも食べられそうな甘みなので、うどんと注文すれば、良いバランスを保つことができます。

■【サイドメニュー】磯部かしわ天

通常のかしわ天ではなく、衣にのりが混ざっている、磯部揚げのような天ぷらです。

身の詰まった鶏肉で、見た目よりも重みのある天ぷらでした。

持ち帰りの途中で、冷めてしまったようでしたが、温めなおせばさらにジューシー感を満喫できると感じられる味でした。

のりの香りはそこまで強くありませんが、いつものかしわ天の、変化球を楽しみたい方におすすめです。

■勝手に選ぶナンバーワン・お持ち帰りうどん!

うどんでは、「丸亀製麵 3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」がナンバーワンでおいしかったです!

リーズナブルにもかかわらず、天ぷらとうどんを楽しめるので、追加で天ぷらを頼まなくても満足度が高かったです。

さらに、定番のおかずも付いてくるので、昼食時に弁当代わりに楽しめると思います。

サイドメニュー編では、「はなまるうどん 焼き芋天」がナンバーワンです!

厚みのある天ぷらで、まさに焼き芋のような甘みと、ボリューム感を満喫できるので、食事の満足度をあげてくれます。

お芋が大好きな人にはぜひ食べていただきたい商品です。



リーズナブルな値段で、本格的なうどんを楽しめる、丸亀製麺とはなまるうどんのお弁当のクオリティは、非常に高かったです。

持ち帰りの時間は約30分程度でしたが、どちらの店舗もコシのあるうどんを楽しむことができました。

待ち時間もほとんどないので、忙しい方でも活用しやすいサービスだと感じました。

天ぷらだけを持ち帰ることもできるので、おかずのプラスワンに活用するのもおすすめです。

この機会に自宅で本格的な讃岐うどんを味わってみませんか。

このニュースに関するつぶやき

  • 丸亀製麺の冷やかけうどんがおいしい季節になりましたね。
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • はなまるには行きません。
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定