【洗い物が苦手な人必見】もう一生これでいい! 火を使わずに作れる「究極の蒸し鶏」の作り方

0

2021年06月22日 11:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!』(しらいのりこ/主婦の友社)
『ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!』(しらいのりこ/主婦の友社)

良質なタンパク質を、いちばん手軽においしく摂取

 低価格で作れて低カロリーなうえタンパク質がしっかりとれる、鶏胸肉を使った「蒸し鶏」の人気は、ここ数年とどまるところを知りません。鍋でゆでてから余熱でふっくらさせたり、酒を加えて電子レンジ加熱をしたり、みなさんそれぞれにこだわりの調理法を1つは持っているのではないでしょうか?

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!

 今回、蒸し鶏の画期的な調理方法を披露したのが、ごはん同盟・しらいのりこさんによる著書『ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!』(主婦の友社)です。発売からすぐ重版もかかった話題の本書では、‖冉ポリ袋耐熱ボウルE纏劵譽鵐犬3つの道具を使った調理方法「レンチン湯せん」を提案しています。

これが究極! レンチン蒸し鶏の作り方

 耐熱ポリ袋に胸肉、塩、酒、を入れ、軽くもむ。あればしょうがの薄切りやねぎの青い部分も入れる。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!

 ボウルにはった水にそ〜っと沈めて袋を真空状態にする。袋の口はあけた状態でボウルごとレンジでチン!

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!

 取り出したら、15分間そのまま放置。あたためられた湯の余熱効果で、絶妙なふっくら加減に。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!

 これで完成です。食べてみると、肉質はやわらかいまましっとりふわふわ。「え、マジで!? これだけしかしてないのにこんなに美味しくていいの!?」と、誰に対してかは分からない謎の罪悪感すら覚えてしまうほど。そのままでおいしいので、サラダやサンドイッチの具にもぴったり。電子レンジ調理なので、誰が作ってもおなじようにできるところも嬉しいポイントです。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!
かたくなって失敗しがちな蒸し鶏もラクラク。

同じ方法でサラダチキンや、ボンレスハムもあっという間!

 暗記できるほど簡単なうえ少ない材料でできるため、次々試してみたくなる実験的な楽しさがあるのも「レンチン湯せん」の大きな特徴です。蒸し鶏の次は、大人気の「サラダチキン」や豚肉で作る「ボンレスハム」はいかがでしょうか?同様の方法で作れます。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!
サラダチキンは、ハーブ味、レモン味など味変を。筋トレのおともや、ダイエット時のおやつがわりに。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!
塩、砂糖、水に1時間漬けてからレンチン湯せん。電子レンジで作ったとは思えないクオリティです。

定番おかずも袋1つで。カレーやハンバーグも全行程15分以内

 レンチン湯せん方法以外にも、ポリ袋を活用したレンチンレシピを数多く紹介。具材をまぜたり味付けしたりをポリ袋の中で行えば、工程がシンプルになり、スピーディ。無駄な洗い物もでません。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!
煮込みハンバーグは、袋の中で肉だねをこねて2等分し、ソースの材料と一緒にチン。手が汚れることも飛び散ったソースでコンロ周りを汚すこともなし。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!
バターチキンカレーは、肉、トマトの水煮、カレー粉などの材料を一度に全部入れ。「私史上、最高に簡単に作れるスパイスカレーです」と、著者のしらいのりこさん。

電子レンジ調理でニーズの高い卵の加熱も、ポリ袋におまかせ

 火を使わなくてすむため、夏の暑い時期に使用頻度が最も高まる電子レンジですが、なかでも人気なのが卵調理。ポリ袋を使って作るいり卵は拍子抜けしてしまうほど簡単。いり卵がおいしいチャーハンや鶏そぼろ丼もおすすめです。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!
卵をポリ袋に割り入れて軽くもんでレンチン。ごはん、調味料、具材を加えて再びチンでチャーハン完成!

洗い物が減り、自由時間が増える調理法

「ポリ袋レンチン」の調理が終わってふと台所を見渡すと、いつもに比べてすっきりしていることに気がつきます。フライパン、鍋、合わせ調味料に使った小皿、ヘラを置いた皿……これまで当然のように出ていた洗い物が発生しないのです。さらに、スイッチ「ピ!」のあとの電子レンジ調理中はフリータイムに。他のおかずを作ったり家事を進めたりと、時間を有効利用できます。1日の調理時間が劇的に増えた今、こんなすきま時間、地味に超貴重ですよね。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!
例えばチャーハンを作るのに出た洗い物は、包丁、まな板、写真のヘラのみ。ボウルはレンジ加熱時の受け皿として使用するため、汚れはほぼありません。

ポリ袋は耐熱温度が120度ある「アイラップ」を使用

 本の中で使っているポリ袋はすべて、耐熱温度が高い「アイラップ」を使用しています。マチつきで使い勝手もよく大人気! しっかり冷ませばそのまま保存もできるので、冷蔵室内で無駄な場所をとらずコンパクト。「アイラップ」は、スーパーや総合ディスカウントストア、ネットショップ等で購入が可能です。

ポリ袋でレンチンおかず 電子レンジでこんなにおいしい!

レシピ開発は、ごはん同盟・しらいのりこさん

 本書は、テレビや雑誌で人気の料理研究家・しらいさんが、なんども試作を繰り返し「我が家のふだんのおかずにして申し分なし!」と思えるものだけを厳選紹介。「つい夢中になってしまう実験的な楽しさがあるので、ふだん調理の機会が少ない男性や料理初心者の方にも作ってもらいたいです」と話します。

しらいのりこさん

 一度作れば、その手軽さにハマってしまう「ポリ袋レンチン」。楽しくて気楽でおいしい世界が、きっとあなたを待っていますよ。

撮影=邑口京一郎


動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定