【マンガ】「心に嵐がある」「宇宙のなかで完全なもの」認知症になった父の表現が文学的ですごい!

1

2021年06月22日 11:55  AERA dot.

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真あさとひわ著『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)
あさとひわ著『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)
 イラストレーターのあさとひわさんが、レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)が話題です。なかでも印象的なのが、お父さんが放つ名言。そのなかの一つをご紹介します。

【マンガ】お父さんのスケールの大きな名言はこちら

■宇宙のなかで完全なもの

 ある日、あさとさんが台所で洗い物をしていると、ダイニングに座っていたお父さんがこう言います。

「ひわは この宇宙のなかで 完全なもの、って感じがするんだ」

 あさとさんは思わず洗い物の手を止めます。そしてこの日の帰り道、「ずいぶんとスケールの大きい話でした」とお父さんの言葉に思いをはせるのです。

 著者のあさとさんに、お話を聞いてみました。

――認知症になる前のお父さんも、こんな素敵な言葉を言ってくれたんですか?

 いえ、ありませんでした。気分の上下がある病気なので、気分がいいときには調子のいいこと言うんですね(笑)。でも、認知症だから言ったというより、父と私がそういう時間を持てたということかもしれません。父からの贈り物ですね。

――病気を通じて、お父さんの知らない面を知ったり、これまでとは違う時間を持ったりすることができたんですね。

 それはあると思います。

 たとえば、マンガにも描いたのですが、父と母と3人で、父の補聴器を買いに行ったんです。電車に乗って出かけるのもひと苦労でしたし、けっこうな時間をかけて聴力テストをして、説明を受けました。でも、補聴器は数十万もするのに試着もできない。結局、何も買わずに帰りました。

 私はものすごい徒労感があったのですが、なぜか父も母も満足げで。その帰り道、駅近くのカフェに行って、3人でお茶を飲んだときに、「鬼が出てくる昔ばなし」「ひろすけ童話(浜田広介さんの童話作品)」の話題で、すごく盛り上がったんです。

 自宅で食事をしながら話すことはあっても、親子そろって出かけることが数年なかったんです。だからそのカフェでお茶を飲んだことが、ここ数年で一番の団欒になりました。
 
 介護をする必要がなければそのほうがいいし、認知症にはならないほうがいい。でも、父が認知症にならなかったら、こんなふうに交流したり、家族や夫婦について考えたりすることもなかったかもしれない、と思います。

※発売中の『ねぼけノート 認知症はじめました』には、お父さんの名言や、家族のほっこりエピソードが満載です。

    前日のランキングへ

    ニュース設定