市川海老蔵、妻・小林麻央さんの命日に家族で墓参り 「色んなこと思い出しながら」と“最愛の人”を思う1日に

2

2021年06月22日 15:38  ねとらぼ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真麻央さんの墓前に立つ勸玄くん(画像は市川海老蔵Instagramから)
麻央さんの墓前に立つ勸玄くん(画像は市川海老蔵Instagramから)

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが6月22日、2017年に乳がんで亡くなった妻・小林麻央さんの命日を迎えてブログとInstagramを更新。長女の麗禾(れいか)ちゃん、長男の勸玄(かんげん)くんとともに墓参りに行ったことを報告しています。



【画像】家族の中で生き続ける麻央さん



 東京・青山霊園にある一族の墓を訪れた海老蔵さん。ブログでは海老蔵さんの祖父・十一代目市川團十郎の墓前で手を合わる子どもたちの写真、4回目の命日を迎えた麻央さんの墓前に立つ勸玄くんの写真を公開した他、自宅には多くのお供え花が届いたことを明かしています。



 墓参りの後は、「色んなこと思い出しながら朝ごはん」と麻央さんと過ごした日々に思いをはせながら朝食を済ませた海老蔵さん。また昼からは、「麻央の事しってる友達と少し話したくてきてます」と麻央さんとの共通の友人に会うなど、愛する妻をより強く思う1日を過ごしているようです。



 麻央さんは2017年6月22日、乳がんのため34歳の若さで死去。ファンからは、「もうそんな時期ですか…早いですね…」「4年ですね。海老蔵さん本当によくやっておられると思います」「パパの頑張り天国から見守ってくれてるはずですよ」「麻央ちゃん子供達に会えて嬉しいでしょうね」など海老蔵さん家族に寄り添うようなコメントが多く寄せられました。


    ニュース設定