セブンティーンが月刊誌終了 北川景子や桐谷美玲、武井咲など輩出

159

2021年06月22日 17:32  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    セブンティーン2021年7月号
セブンティーン2021年7月号
 集英社の女子中高生向けティーン雑誌「セブンティーン(Seventeen)」が、9月1日発売の10月号をもって月刊発行を終了する。デジタルをメインとする新体制に変更。2022年3月以降は年に3〜4冊を発行する。

 セブンティーンは、総合少女週刊誌「マーガレット」の姉妹誌という位置付けの「週刊セブンティーン」として1968年に創刊。1988年に隔週刊の「SEVENTEEN」としてリニューアルし、2008年に表記を「Seventeen」に変更し月刊化した。女子中高生をターゲットにファッションやメイク、ダイエット、恋愛などの情報を発信し、これまで北川景子や木村カエラ、鈴木えみ、榮倉奈々、桐谷美玲、本田翼、水原希子、武井咲らが専属モデルを務めた。平均発行部数は12万9000部で、現編集長は「ノンノ(non-no)」や「ミョージョー(Myojo)」の編集長を務めた小林亘が2020年7月から担当している。
 月刊発行終了後は、8月に開設予定のウェブサイトと合わせ、専属モデルやタレント、インフルエンサーなどがSNSで発信する情報で読者と繋がる「双方向のコミュニケーションの場」の提供を目指す。

このニュースに関するつぶやき

  • むかーし昔は、少女マンガ雑誌だったんだよね〜。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 雑誌セブンティーンとは17歳と言う意味ではなく13歳〜19歳までの7つのティーンと言う事だと木村カエラから聞いた時は目から鱗でした・・・。
    • イイネ!76
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(77件)

ニュース設定