荻野貴司が新人から12年連続2ケタ盗塁達成 史上4人目の偉業、ロッテでは初

23

2021年06月22日 20:21  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ロッテ・荻野貴司
ロッテ・荻野貴司
◆ ケガに苦しんできた韋駄天が偉業達成!

 ロッテの荻野貴司外野手(35)が22日、ソフトバンク戦(ZOZOマリン)で今季10盗塁目となる二盗を決め、史上4人目となる入団1年目からの12年連続2ケタ盗塁を達成した。

 荻野は1−3と2点を追う5回、一死一、二塁の好機で投ゴロに倒れるも、併殺崩れの間に一塁へ。続くマーティンの打席で“甲斐キャノン”をかいくぐり、今季10盗塁目となる二盗を決めた。

 入団以降、ケガに泣くシーズンが多く過去11シーズンで100試合以上出場したシーズンは3度しかないが、2年目の2011年は23試合で14盗塁を記録するなど入団当初から韋駄天ぶりを発揮。今季はここまで全試合1番でスタメン出場を続けており、試合前まで打率.301、出塁率.355と好調をキープしている。

このニュースに関するつぶやき

  • 過去の3人、吉田義男(14年)張本勲(16年)大石大二郎(16年)、意外な人物と連続年数が凄過ぎる!
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 盗塁をする度に「ケガしていないよな?」とハラハラしています。荻野選手を一位指名したマリーンズの眼力はすごい!
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定