川口春奈&横浜流星が考える「不思議」の魅力 星野源は熱い思いを打ち明ける

0

2021年06月23日 02:26  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真川口春奈&横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
川口春奈&横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
 女優の川口春奈、俳優の横浜流星が、22日深夜放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週火曜 深1:00)に生出演。同日に最終回を迎えた、TBS系連続ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜 後10:00)の打ち上げを、主題歌「不思議」を歌う星野源、塚原あゆ子監督、新井順子プロデューサーとともに行っていった。

【写真】川口春奈&横浜流星の対談やオフショットなど、情報満載の一冊に!

 同ドラマは、綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

 星野の主題歌について、川口は「聞けば聞くほど、すごく沁みるというか、これはスルメソングだと思って。詩を見れば見るほど深いなと。並行してドラマの撮影もしているので、そこの関係性を考えながら。新しい恋愛とか人と付き合うことを考えさせられる。すごく沁みました」とコメント。横浜も「詩が深すぎて、まだ僕には理解できないこともありますが、すごくグッとくるものがあるし、なんか、なんて言えばいいんですかね…音楽のことがあんまりわからないのですが、魅力のある楽曲でしたし、この作品をより深めてくれるような歌だなと思ったので、毎回『不思議』が流れる度に、塚原さんの演出もそうですけど、歌が流れるところも絶妙だし、全部が重なってすごく深くステキな音楽」とかみしめるように語った。

 これを受けて、星野は「オレが思う愛とはとかをちゃんと歌おうと。これは打ち上げの3次会で話すような内容ですけど(笑)。世の中が生きにくいじゃないですか。ちょっと嫌だなこの世の中って思っていて。好きな人ができたり、この人がいるとうれしいなと。ただ、今のこの世の中に対してウソをつきたくなかった。ヤバいほど厳しい世の中でも、愛というものも生まれるし、この世の中のおかげでオレの愛が生まれているんじゃないぞと。自分と誰かのところで生まれているのであって」と熱弁。

 続けて「なんか怒りみたいなものもあって、そういうものと真柴と駿という正反対の人がなぜ惹かれ合うのか。ただ一緒にいたいとか、理由とかいらなくて、バラバラだけど一緒にいたいっていうのがステキなことで、そうやって今まで人間は栄えてきて、いろんな人たちが好きになって、自分がいるわけじゃないですか。なんか、すみません、3次会のテンションで」と語っていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
    ニュース設定