Twitter、ユーザー収益化のチケット制「Spaces」と「Super Follows」開始

0

2021年06月23日 07:52  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 米Twitterは6月22日(現地時間)、クリエイター収益化のための新サービス「Ticketed Spaces」と「Super Follows」を米国の一部ユーザー向けに提供開始したと発表した。前者はiOSおよびAndroidアプリに、後者はiOSアプリにのみ対応する。いずれも2月の「Twitter Analyst Day 2021」で予告していたものだ。



【その他の画像】



 利用できるようになると、モバイルアプリの[≡]→[☆収益を得る]に表示されるようになる。



●1〜999ドルのチケット代を設定できるTicketed Spaces



 SpacesはClubhouseのような音声チャットルーム。5月から600人以上のフォロワーを持つアカウントであれば、モバイルアプリでホストできるようになっている。Ticketed Spacesは、このSpacesへの参加をチケット制にするというものだ。



 チケット代はホストが1ドル〜999ドルの間で設定できる(Twitterの手数料については後述)。



 招待人数もホストが決められる。人数の上限は不明だが、5人限定などということも可能だ。



 ホストはチケット購入フォロワーに対し、プッシュ通知やアプリ内通知でSpace開始を知らせることができる。



●月額制Super Followsの料金は3段階



 Super Followsは、月額の料金を支払うフォロワーにバッジやボーナスコンテンツを提供するサービス。スタート段階では、このサービスを利用する条件は、1万人以上のフォロワーを擁し、過去30日間に25回以上ツイートしていること、となっている。



 月額料金は、2.99ドル、4.99ドル、9.99ドルのいずれかから選択する。



●Twitterの手数料は3%〜20%



 Twitterはこれらのサービスを“収益化製品”とし、収益化製品からの総収益が5万ドルに達するまでは手数料として3%を徴収する。5万ドルを超えると、手数料は20%に上がる。



 なお、これらのサービスはモバイルアプリで提供するものなので、Twitterとは別にAppleおよびGoogleへのアプリ内決済手数料も発生する。


    ニュース設定