「アリエッティが着てそう!」妖精サイズの花ドレスに反響、うつで休学中の作者「間違いなくいい影響」

4

2021年06月23日 08:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真庭の紫陽花で作った”妖精のドレス” 写真提供:桃月さん
庭の紫陽花で作った”妖精のドレス” 写真提供:桃月さん
 自宅の庭に咲いている花で作った“妖精のドレス”の写真がTwitterで話題を集めている。作者は桃月さん(@fairy_dress_)で、ミニチュアのトルソーに花びらを貼り付けて、華やかで可愛らしいドレスを次々と制作中だ。そのクオリティの高さと独創的なセンスに、「妖精の服飾デザイナーになれますね」「アリエッティが着てそう」「ティンカー・ベルの専属デザイナーが存在した!」など多くの反響が寄せられている。実は、桃月さんは大学進学を目指しているが、現在うつ状態になり休学中とのこと。制作の様子や、療養の中でドレス制作がもたらした効果について桃月さんに話を聞いた。

【写真】「ティンカー・ベルが着てそう!」ミニ丈の紫陽花に豪華絢爛なダリア…、“妖精サイズ”の花ドレス作品ギャラリー

■生花でのドレス作り、療養のなかで「ワクワクし、気持ちが和む時間に」

――“妖精のドレス”に、「センスが素晴らしい」など様々な反響が寄せられています。

【桃月さん】反響には素直に驚きましたし、反応数の大きさに現実味は感じられませんが、すごく嬉しいです。皆さんとても温かいコメントばかりで、ありがたく思っております。「妖精の専属デザイナーがいた」というコメントは、特に印象に残っていますね。

――本当に妖精が着ていそうな可愛いドレスです。

【桃月さん】洋裁師と妖精の交流を描く漫画『妖精のおきゃくさま』の作者である脇田茜先生にお褒めのお言葉をいただいたことと、私のツイートをきっかけに『妖精のおきゃくさま』を知った方がいらっしゃったことは、とても嬉しかったです。

――お庭に咲いている花を使って制作されているとのこと。いろいろな花が咲いていて、素敵なお庭ですね。

【桃月さん】ありがとうございます。自宅の庭で、花は私が植えました。小学生の頃から、ずっとガーデニングが趣味なんです。ほとんどは貯めたお年玉などで買って植えましたが、ツルニチニチソウは自然と生えてきたものですし、人から貰ったものや物心ついた頃にはすでに生えていた植物もあります。

――ドレスのデザインも素敵です。デザインや服飾を勉強されていたのでしょうか。

【桃月さん】服飾やデザインのお仕事をしたことも、そういった勉強をしたこともありません。今は、大学への進学を目指していますがうつ状態になり、療養のために予備校を休学中です。

――とても大変な時期かと思います。そのようななか、花の鑑賞やドレス作りは、桃月さんにとってどのような存在になっていますか。

【桃月さん】癒しやリラックスの時間になっています。考えている時も作っている時もわくわくしますし、気持ちが和みます。病院の先生にも土や自然に触れたり日光を浴びたりすることを勧められたので、間違いなく良い影響があると思います。

■子どもの頃の夢に再チャレンジし成功、「実際に着られそうな構造に憧れる」

――生花でのドレス作りは、いつ頃から制作を始めたのでしょうか?

【桃月さん】本格的には、今年の4月から作り始めました。子どもの頃に一度作ろうとして失敗したことはありましたが、それ以外では経験はありません。子どもの頃から妖精が好きで、ずっと作ってみたいという思いはあったのですが、なんとなく今ならできるかもしれないという気持ちが湧いてきて作ってみました。

――“妖精のドレス”は、どのように制作されていますか。

【桃月さん】トルソーに生花を両面テープで貼ったものが多いですが、実際に着られそうな構造が私の憧れなので、最近は不織布で小さなスカートの形を作り、それに両面テープで生花を貼り付けることもあります。また、アイビーという植物の葉っぱで作ったドレスは、両面テープを使わずに、草をぐるぐると巻いて葉っぱをとめています。

――かなり繊細な作業だと思います。制作する上で難しかった点はありますか。

【桃月さん】小さなものなので、繊細で緻密な作業が必要なことと、布と違って伸縮性がないため、傷つきやすい生花を傷つけないようにすることが難しいです。

――制作時間はどれくらいでしょうか。

【桃月さん】ほとんどのドレスは、15分から20分ほどです。アイビーのドレスだけは5分程度で完成しました。

――スピード勝負なんですね。ちなみに、生花だとあまり長くは保存できないでしょうか?

【桃月さん】今までは、萎れるまで机に置いて眺めて愛で、その後、庭の土に還していました。まだ作成途中ではありますが、最近はドライフラワーにすることもあります。

――薔薇、紫陽花、アイビー、つつじとドレスを投稿されています。それぞれにイメージする妖精がいるのでしょうか?

【桃月さん】それぞれに対する細かいイメージはありませんが、すべてにおいて生き生きと暮らしている可愛い妖精たちをイメージしています。花の“シルエット”や“可愛らしさ”を生かすことにはこだわっていますね。

――今後の作品制作の予定や、制作してみたいものなどについて教えてください。

【桃月さん】袖がなく、比較的シンプルなドレスばかりなので、華やかで袖のあるドレスも近々作るつもりです。あと、いずれはズボンも作ってみたいですね。構造的にドレスよりもかなり難易度が高いので、もっと技術力が上がってから挑戦してみたいです。それとまだ少し先になりそうですが、プリザーブドフラワーやドライフラワーで作品を制作して、『minne』で販売することも考えています。

このニュースに関するつぶやき

  • 綺麗ですね(*^_^*) 作った本人が気分転換になって 作品を見た人達が心和むなら最高�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • 綺麗ですね(*^_^*) 作った本人が気分転換になって 作品を見た人達が心和むなら最高�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定