『UTB』乃木坂46 田村真佑 × 早川聖来初表紙、“まゆせーら”の夏を忘れない

1

2021年06月23日 10:00  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

6月23日発売の『アップトゥボーイ Vol.304』(ワニブックス) の誌面カット、インタビューが公開された。


今号は最新シングル『ごめんね Fingers crossed』が今年度女性アーティスト最高初週売上で 26 作連続の 1 位を獲得するなど、絶好調の乃木坂46 大特集号。


表紙を飾るのは前作『僕は僕を好きになる』に続く選抜メンバー入りを果たし、4 期生曲『猫舌カモミー ルティー』では初のセンターに抜擢、前回の本誌登場時(アップトゥボーイ Vol.301)ではレギュラー出演中の文化放送『レコメン!』で“アップトゥボーイ祭り"を誘発し、見事に特典付き販売分を完売させた“五軍リスナーのヒロイン"田村真佑と、前作の 4 期生曲『Out of the blue』初センターから、今作の表題曲での初選抜と、順調に坂道を上りつつある早川聖来の、4期生推しにはお馴染みのコンビ“まゆせーら"。


大の仲良しであるにもかかわらず、意外にも 2 人でのグラビア撮影は初。巻頭グラビアは、『ごめんね Fingers crossed』MV の世界観を彷彿とさせる、フィフティーズの雰囲気たっぷりにお届けする。プールサイドではしゃぐ姿、ロカビリーファッションでスタイリッシュに、そして最後はオトナにブラックコーデ、 そのすべてに注目だ。


この夏、2 年ぶりの全国ツアー開催が決定した乃木坂46。”まゆせーらの夏を忘れない”、そのキャッチ通りに、彼女たちにとっても、そしてファンである読者にとっても今年は忘れられない夏となる、そんな予感がする巻頭 20 ページになった。 


続いてのグラビアには、2 期生の寺田蘭世が 1 年 6 か月ぶりに登場。今回は都心を飛び出し、彼女とあてのない小旅行に出かけた。心からリラックスした表情が印象的だった今回の撮影。10 ページのボリュームでしっかりとお届けする。 


そして今号の乃木坂46 グラビアを締めくくってくれるのは 3 期生の岩本蓮加。11 ページに渡るグラビアはまさに“圧巻"と表現しても過言ではないクオリティ。強さと可憐さがないまぜになった出来上がりに、心打たれる読者も多いはず。まずは裏表紙の仕上がり具合から注目してもらいたい、そんな撮影になった。 


さらに忘れちゃいけない好評連載・3 期生の伊藤理々杏は、Twitter でも多数リクエストがあったあの衣装 (!?)で登場。もう一つ、乃木坂46 ファンにとって嬉しい企画が。かつて本誌グラビアにも何度も登場してくれ、グループ卒業後は女優として多岐にわたる活動を展開中の井上小百合が、富田望生連載「女優撮」 にゲストとしてやって来てくれた。こちらの“凱旋"グラビアにも注目してほしい。 


今回は田村真佑、早川聖来、寺田蘭世、岩本蓮加の誌面カットと、表紙を飾ってくれた田村真佑・早川聖来と、裏表紙を飾った岩本蓮加の、本誌インタビューよりの抜粋を公開する。 


<担当編集より> 

田村さんと早川さんの撮影は常に笑いの絶えない、見ているだけで幸せになれそうな”最幸”な雰囲気に溢れていたのですが、インタビューで早川さんが田村さんの想い出を語っている時、田村さんが思わずハッとしてしまうぐらい切ない表情をしていたのが印象的でした。

デビューして約 2 年半、楽しい時は喜び合い、 辛い時は励まし合って乗り越えてきた、そんな 2 人の「青春」を垣間見た瞬間でした。 

裏表紙の蓮加さんの撮影コンセプトは、加入当初から大人びた雰囲気を醸し出していた彼女の為にずっと温めていた企画です。透き通るような魅力を体感して頂けると思います。 

2 期生の寺田さんのグラビアは、”真っ赤なドレスを着てもらいたい”という想いだけで始まった撮影でしたが、飾らない彼女の人柄がよく出た 10P になったと思います。 


<田村真佑×早川聖来(乃木坂 46)インタビュー抜粋> 

自他ともに認める仲良しのお2人なので、改めてそれぞれがどんな人か、語って頂きましょうか。 

早川「まゆたんはどんなときでも明るくてニコニコしているからすごいなって。4期生で最年長でもあるし、 “しっかりしなきゃ”って思いがあるんだと思います。でも4期生しかいないときとかは私にべったり甘えてきてくれたりするので、そのギャップでさらに好きになっちゃいました」 

田村「ギャップ萌え(笑)。聖来は女子特有の馴れ合いっていうのかな、周りの雰囲気に合わせて発言する、 みたいなところが一切なくて。聖来がいなかったら乗り越えられなかったこともたくさんありました」 

早川「なんか照れるね(笑)。一度だけあったよね、まゆたんが号泣しちゃって」 

田村「うん、あったあった(笑)。ありがたいことに去年の後半ぐらいからお仕事の幅がグッと広がって。打ち合わせのときは嬉しいからテンション上がって“はい! やれます!! 頑張ります!”って言うんだけど、楽屋に帰ってきたら急に不安になっちゃって、聖来の胸に駆け込んでわーって泣いちゃって……」

早川「私はすごく嬉しかったし、まゆたんのこと本当に愛おしいって思っちゃった」 

田村「嬉しい。聖来って天然なところもあるからか、人の懐に入り込むのが上手なんです。すっかり“聖来沼” にハマっちゃいました。大好きだよ♪」 

早川「ありがと(照)」 どこのバカップルやねん(笑)。 


<岩本蓮加(乃木坂 46)インタビュー抜粋> 

―先日の3期生ライブは配信でしたが、12 人の気持ちが迫ってくるような素敵なライブでした。

 「ありがとうございます。3期生だけでライブをやるのが4年ぶりとかだったんですよね。当時はまだ乃木坂46 に加入したばっかりで経験もないし、右も左も分からないしで、とにかくカオスだった印象しかなく て……」 


―カオス(笑)。言い得て妙ですね。 

「ライブも一生懸命やることしか知らないから、こなすことでいっぱいいっぱいだし、楽屋とかでも常に誰かが泣いていて(笑)。私も入った当時は中学生になったばかりで、梅(澤美波)とか(佐藤)楓とか、お姉さんチームのメンバーがとても同期と思えないぐらい距離があって」 


―高校卒業したぐらいの女性と、中学生が同期ですって言われても……って感じですよね。年の差は変わらなくても、その関係性はだいぶ変わりましたか? 

「特に梅と楓はすごく仲良くなりました。こないだ初めて梅から相談を受けて。何と言うか、嬉しかったですね。やっと仲間になれたような、そんな気持ちでした。そういうタイミングでの3期生ライブだったので、 個人的にはいちばん心に残るライブになったかもしれないなって思っています」 

※インタビューの抜粋の為、一部文章を改変しております。  

    ニュース設定