チェフ氏とサウスゲート監督は疑問…チェルシー勢の隔離措置に「理解できない」

0

2021年06月23日 11:16  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真隔離措置となったマウントとチルウェル [写真]=Getty Images
隔離措置となったマウントとチルウェル [写真]=Getty Images
 チェルシーのテクニカル&パフォーマンスアドバイザーを務める元チェコ代表GKペトル・チェフ氏とイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が、イングランド代表MFメイソン・マウント(チェルシー)と同代表DFベン・チルウェル(チェルシー)が濃厚接触者として判定されたことに疑問を持っているようだ。

 イングランド代表は18日に行われたEURO2020・グループD第2節でスコットランド代表と対戦。スコアレスドローに終わった試合終了後に、マウントとチルウェルはチェルシーの同僚であるスコットランド代表MFビリー・ギルモアと会話し、抱擁を交わしていたという。そのギルモアに新型コロナウイルス陽性反応が出たことで、マウントとチルウェルは濃厚接触者として判定された。両者ともに検査では陰性だったものの、28日まで隔離措置が取られることになった。

 この判断を受け、チェフ氏は自身のインスタグラムを更新。試合後の数分間だけギルモアと話をしていたマウントとチルウェルが濃厚接触者として隔離を余儀なくされた一方で、スコットランド代表はギルモア以外誰も濃厚接触者とならなかったことに疑問を投げかけた。

「ビリー・ギルモアと接触したメイソン・マウントとベン・チルウェルが検査で陰性だったのにも関わらず隔離しなければならないのに、ドレッシングルームやホテル、バス、飛行機、食事場、会議室で一緒だったスコットランド代表チームが検査で陰性だから問題なくプレーできる理由をお願いだから誰か教えてくれ。同じ検査結果なのに、何が違うんだ?理解できない…」

 また、22日に行われたEURO2020・グループD最終節のチェコ代表戦(1−0で勝利)後、イングランド代表のサウスゲート監督もイギリスのテレビ局『ITV』で、「これは奇妙な状況だ」とマウントとチルウェルが出場できなかったことを嘆いた。

「彼らはとてもオープンな場所で120秒ほど過ごしていた。これは矛盾に満ち溢れているが、受け入れていくしかない。それでも、閉鎖された空間である飛行機やバスなどで一緒に移動しているチームがあるのに、隔離となったのは我々のチームにいる2人だけだ。本当に意味がわからない」
    ニュース設定