J.D.パワーのモバイル/ホームルーターサービス満足度調査 ドコモとUQ WiMAXが1位

0

2021年06月23日 18:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度
ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度

 J.D.パワーは、6月23日に「2021年顧客満足度調査 モバイルルーター/ワイヤレスホームルーターサービス」の結果を発表した。



【その他の画像】



 実施期間は2021年4月下旬〜5月中旬で、調査対象は18歳〜64歳のモバイルルーターサービス利用者1900人、ワイヤレスホームルーターサービス利用者1100人。顧客満足度では「通信品質・エリア」「各種費用」「端末/オプションサービス」「手続き/サポート対応」といったファクターを設定し、ユーザーの評価を基に1000ポイント満点で総合満足度スコアを算出している。



 また、本調査ではインターネット接続にモバイル回線を使用する「Wi-Fiルーター」でのデータ通信サービスを対象とし、バッテリー駆動の持ち運び型「モバイルルーター」と、自宅での据え置き利用を前提とした「ワイヤレスホームルーター」の利用者へ実施したものとなる。



 2020年5月発表の調査と同様に、9割を超えるユーザーが「動画や映像サービスの視聴/投稿」、約8割が「オンラインストレージ」の利用といったデータ通信量の大きいサービスを利用。約3割は「ビデオ通話/WEB会議ツールを使っての知人などとの通話」、2割のユーザーが「テレワーク」で利用している。コロナ禍での在宅時間が増えたことで、モバイルルーターを外出先では使わずに自宅のみで使う人が2020年から増加している。



 接続機器は、モバイルルーターとホームルーターともにスマートフォンのみならずPCやタブレット、テレビ、ゲーム機など多岐にわたる。



 6ブランドを対象としたモバイルルーターサービスの顧客満足度は、NTTドコモが3年連続で1位に。「通信品質・エリア」「端末・オプションサービス」「手続き・サポート対応」の3ファクターで最高評価となっている。2位は楽天モバイル、3位はソフトバンクとなった。



 3ブランドを対象としたワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度は3年連続でUQ WiMAXが1位となり、「各種費用」ファクターで最高評価を得た。2位はau、3位はソフトバンクとなっている。


    ニュース設定