西武ドラ2・佐々木、プロ初先発は4回8安打3失点「もっとカウントを優位に」

1

2021年06月23日 20:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真楽天戦に先発した西武のドラフト2位・佐々木 (C)Kyodo News
楽天戦に先発した西武のドラフト2位・佐々木 (C)Kyodo News
◆ 初回にいきなり3連打浴び2失点、初勝利お預け

 西武のドラフト2位・佐々木健投手(25=NTT東日本)が23日、楽天戦(メットライフ)でプロ初先発。初回に2点を失うなど立ち上がりから苦しい投球が続き、4回8安打3失点でプロ初勝利はお預けとなった。

 2度の中継ぎ登板を経てプロ初先発のマウンドに上がった左腕。その立ち上がり、1番・小深田に初球を右翼線へ運ばれると、続く鈴木大にも初球を中前に弾き返され、わずか2球で先制点を失った。3番・浅村には中越えの適時二塁打を浴び2失点目。後続は3人で斬ったが、いきなり3連打を浴び2点を失った。

 1点を返してもらった直後の2回も連続四球を与えるなどピンチを招いたが、浅村を右飛に退け無失点。3回は一死から5番・岡島に中前打を許したが、バッテリーを組む・柘植の盗塁阻止もあり結果的に3人で終えた。

 しかし2−2の同点で迎えた4回、再び一死三塁のピンチを招き、9番・太田に勝ち越しとなる左前適時打を浴びた。なおも一死一、二塁とピンチは続いたが、鈴木大を二ゴロ併殺に仕留め最少失点。その裏、味方打線が2点を奪い4−3と試合をひっくり返したが辻監督は投手交代を決断。佐々木は勝利投手の権利を得られなかった。

 プロ初先発は4回80球、8安打3失点、2奪三振2四球の結果。降板後「カウントを悪くしてしまい、相手バッターとの勝負をすることができませんでした。そこが今ひとつ、流れを持ってくることができなかった要因かと思っています。(次回以降に向けて)もっとカウントを優位に進めていく投球をしないと、気持ちよく打たれてしまうと今回感じましたので、一番はカウントをしっかり整えていく、ということができるように練習をしていきたいです」と振り返った。

このニュースに関するつぶやき

  • 社会人の剛腕って制球難もセットでついてくるよなあ大体 https://mixi.at/aa3shAz
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定