中日が阪神との接戦制す 福谷7回12安打2失点で4勝目、堂上ダメ押し打!

5

2021年06月23日 21:03  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日・福谷浩司 (C) Kyodo News
中日・福谷浩司 (C) Kyodo News
○ 中日 6 − 2 阪神 ●
<10回戦・バンテリンドーム>

 中日が首位・阪神との接戦を制し連敗を「2」でストップ。借金を「5」に減らした。

 中日は初回、3番・高橋周が5号ソロを右翼ポール際へ運び先制。2回は8番・桂が適時二塁打を左翼線へ運び2点目を加えた。同点に追いつかれたあとの7回は阪神2番手・藤浪の乱調に乗じ二死満塁とし、4番・ビシエドが押し出し四球を選び決勝点となる3点目。なおも満塁で、続く堂上が走者一掃の3点適時二塁打を右中間へ運び6−2とリードを広げた。

 福谷は阪神打線に12安打を許すも、相手の走塁ミスなどにも助けられ7回2失点の粘投。バックも再三の好守で盛り立て4勝目(6敗)を挙げた。8回以降は祖父江、又吉が無失点リレー。このカードの対戦成績を1勝1敗の五分に戻した。

このニュースに関するつぶやき

  • 12安打で2点で済んだのは凄いwですね、打線が機能したのも大きいですが。。ただ一言言うと…藤浪投手…。球に力があるのは間違いないので、何とか頑張って立ち直ってほしいですが
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定