乃木坂46・松村沙友理、10年間のアイドル人生 笑顔で卒業「さゆりんご、完全燃焼しました!」

5

2021年06月24日 02:11  クランクイン!

  • 限定公開( 5 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真乃木坂46「さ〜ゆ〜Ready? 〜さゆりんご軍団ライブ/松村沙友理 卒業コンサート」
乃木坂46「さ〜ゆ〜Ready? 〜さゆりんご軍団ライブ/松村沙友理 卒業コンサート」
 乃木坂46が23日、1期生・松村沙友理の卒業コンサートとなる「さ〜ゆ〜Ready? 〜さゆりんご軍団ライブ/松村沙友理 卒業コンサート」を神奈川県・横浜アリーナにて開催。2011年から10年間、乃木坂46でアイドルとしての人生を歩んだ松村。ところどころで涙を見せながらも、最後には彼女らしく「さゆりんご完全燃焼しました〜!」と笑顔を弾けさせた。

【写真】ライブフォト(15枚)「さゆりんご軍団ライブ」からスタート! 涙と笑顔あふれた松村沙友理の卒業コンサート

 本公演は松村の卒業コンサートと松村率いる公式ユニット「さゆりんご軍団」のライブの2部構成。さゆりんご軍団ライブには松村、寺田蘭世のほかに卒業生の伊藤かりん、佐々木琴子、中田花奈も登場した。乃木坂46の楽曲の替え歌コーナーなどを挟み、途中には「真夏さんリスペクト軍団」の秋元真夏、鈴木絢音も参加。本ライブは「さゆりんご軍団解散ライブ」と銘打っていたが、終盤に松村は「さゆりんご軍団は解散しません!」と宣言。「また集合しようね」と誓い、「白米様」など全9曲を笑顔いっぱいでパフォーマンスした。

 「さゆりんご軍団ライブ」に続いて、「Overture」が鳴り響き始まった「松村沙友理 卒業コンサート」は、松村のソロ曲「さ〜ゆ〜Ready?」からスタート。松村はツインテールにドットとチェックを合わせたドレスを身にまとい、アイドルらしくキュートに歌い上げた。乃木坂46の有観客ライブは2020年12月に東京・日本武道館で開催した「乃木坂46 アンダーライブ 2020」以来、半年ぶり。乃木坂46グループ全体としては、2020年2月の「8th YEAR BIRTHDAY LIVE」以来となった。メンバーは会場のファンに笑顔を向けて何度も手を振り、ファンもまた、声は出せないもののスティックバルーンを使って大いに会場を盛り上げ、気持ちを届けた。
 
 中盤では、松村と新内眞衣が2人で「今、話したい誰かがいる」を披露。向き合う箇所で、新内は耐えられないように目をうるませ、松村も歌声を震わせた。新内は胸を押さえ、震える声で歌い上げ、曲の終わりに2人はしっかりと抱き合った。松村と生田絵梨花からなるユニット「からあげ姉妹」は「無表情」「1・2・3」をパフォーマンス。「やさしさとは」を歌い上げると、生田はそっと松村に寄り添って額を寄せ、松村は目に涙を溜めた。

 松村は卒業コンサートについて「私がやりたいことをたくさん詰め込んでもらって、私が言ったことを全部形にしてもらって。本当にすてきなライブになったなと心から思います」と満足気に語り、ファンにも改めて感謝。本編ラストは松村が「とても大切な曲」という「シンクロニシティ」で締めくくった。

 アンコールで松村はピンクのボリューミーなドレスで登場。しばらく言葉を溜め、一度ほほ笑んでから「乃木坂46の松村沙友理としてみなさんの前でこうやってお話するのも、もう少しとなりました。乃木坂46としてライブに出れるのは今日で終わりです」と前を向く。

 松村はドレスを手でぎゅっと握りながら丁寧に言葉を紡ぎ、家族やスタッフ、マネージャーらに感謝。メンバーには「私はもうみんなにはバレちゃってると思うんですけど、本当にメンバーのことが大好きです。心から大好きだし、本当にみんなのことがかわいくてかわいくて仕方ないので、みんなには心から幸せになってほしいです」と願い、「これから先、嫌なことやつらいことがたくさんあるかもしれないけど、ちゃんと周りの人の声を聞いて、自分ひとりで悩まないで。ちゃんと導いてくれる人がいるので、そういう人たちをちゃんと頼りにして、みんなで乃木坂46を楽しんでもらえたらいいなと思います」とメッセージをおくった。

 ファンには「私の10年はどうでしたでしょうか」と問いかけ、会場から温かい拍手がおくられると、涙。「乃木坂46として10年間生きてきて、つらいこともたくさんあったけど、やっぱり辞めないでがんばろうと思えたのはファンのみなさんのおかげだと思います」と感謝を伝えた。

 卒業を発表してからも実感がなかったという松村。実感したのはオンラインの握手会・ミート&グリートでファンの顔を見てからだと話し、「私のファンの人ってニコニコしてる人が多いんですけど、卒業を発表してから初めて顔を見ると、泣いちゃってる人が多くて。私はその顔を見て、初めて卒業を実感しました」と告白。「10年間、何か仕事をがんばったらみんなと会って『かわいかったよ』『がんばったね』って言ってもらえるのがすごく楽しみだったのに、これからはそういうのがないんだな、って思うと本当に寂しくて。私にとってファンのみなさんはかけがえのない存在だったんだな、と改めて思いました」とファンとのやり取りを振り返りながら、声を震わせて思いを明かした。

 さらに松村は「この10年間、どんなときも支えてくださって本当にありがとうございます。私の10年間は、いいときばっかりではなかったかもしれないけど、応援してくださっているみなさんのおかげで本当にすてきな10年になりました。乃木坂46に入って心からよかったなと思います」と何度も感謝を伝え、最後には「ふふふ」と松村らしくはにかんだ。

 ラストの曲「さ〜ゆ〜Ready?」では、メンバーひとりひとりからバラの花を渡すサプライズが。松村は驚いた顔を見せながら、両手にメンバーからの気持ちがこもったバラの花を抱え「ファンのみなさんもそうやし、メンバーの顔も見れて終われて幸せでした。ありがとう」と感謝した。

 最後に松村は「みんなで最後に『さ〜ゆ〜Ready?』したい」と茶目っ気たっぷりにおねだり。松村の「みんな本当に最高だよ〜! せ〜の!」の声で、メンバーは「さ〜ゆ〜Ready?」と声を上げ、会場のファンはスティックバルーンを気持ちを込めて叩いた。松村は「ありがとう! さゆりんご完全燃焼しました〜!」「乃木坂46もみなさんのことも大大大大好き! 以上さゆりんごでした! ありがとうございまっちゅん!」と最後まで楽しそうにキュートな笑顔を弾けさせた。

 乃木坂46「さ〜ゆ〜Ready? 〜さゆりんご軍団ライブ/松村沙友理 卒業コンサート」セットリストは以下の通り。

「さゆりんご軍団ライブ」

Overture(鼻歌ver.)
M1:ぐんぐん軍団
M2:白米様
M3:さゆりんごが咲く頃
M4:何度目の軍団か?
M5:ライス!
M6:りんごのパクリから
M7:大嫌いなはずだった
M8:働き方改革
M9:さゆりんご募集中

「松村沙友理 卒業コンサート」

Overture
M1:さ〜ゆ〜Ready?
M2:ガールズルール
M3:夏のFree&Easy
M4:ロマンスのスタート
M5:ごめんねFingers crossed
M6:でこぴん
M7:今、話したい誰かがいる
M8:無表情
M9:1・2・3
M10:やさしさとは
M11:急斜面
M12:泣いたっていいじゃないか?
M13:ひと夏の長さより・・・
M14:シンクロニシティ

EN1:サヨナラの意味
EN2:悲しみの忘れ方
EN3:さ〜ゆ〜Ready?

※初出時、本文に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。
    ニュース設定