子どもの歯科矯正スタートに「親子で頑張る!」との決意が。ママの気合いが入る理由とは……

0

2021年06月24日 06:11  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


虫歯治療や歯ぐきのケア、歯のクリーニングなど、歯医者さんに行ったことがあるママは多いのではないでしょうか。ときには子どもの歯を治療するために連れて行くこともあるかもしれませんね。今回は子どもの「歯科矯正」でしばらくお世話になることを決めたママからのコメントが寄せられています。
『子どもの歯科矯正を決めてきた! 出費はいたいけど子どものために働くぞー。本人もやりたがってるし、決めてよかったと思ってる。来月から治療開始なので、親子二人三脚で頑張ります!』
子どもの歯科矯正を始めるママには「歯並びを綺麗に揃えたい」「嚙み合っていない上下の歯を正しく噛みあうようにしたい」などの目的があるのだそう。ママスタコミュニティのコメントによるとある程度の長期間に渡り、装置や器具などを使って行われることが多いようです。これから頑張っていくというママの決意表明に対し、同じ立場のママたちからは共感や応援の声が寄せられました。

かかる出費にママの気合いが入る!



治療を開始することになり「親子で頑張ります!」と気合いを入れるママ。歯科矯正のスタートにあたっては、かかる費用も気合いが入る一因のようです。
『アゴを広げる器具をつけるから、まずは20万。そこから様子を見る感じかなー』
こちらのママの場合は最初に20万を払うそうですが、まだその後も治療にかかる出費は続くだろうと見込んでいるのですね。実際に経験してみて、歯科矯正にはお金がかかると実感した人は他にもいるようです。
『年中から矯正しているよ。小学生のうちに矯正も終わりそうな感じがするなあ。ちなみに今まで35万くらいの出費かな?』
『うちも昨日、矯正専門歯科に決めてきた! 中1で58万』
『うちもまず小児矯正40万、頑張るぞ。でもそのあと生え揃ってからの矯正でプラス30万はかかるかな』
『うちは2年かけて歯並びをなおすやつ。60万くらい。歯並びが良ければかからない出費だけど、仕方ないよね』
『娘、息子ともに小2から始めました。2人で今のところ180万払ってるけど、まだまだかかります。時間もかかりそう』

終わってみると100万を超えていた……

『小1から矯正歯科に通いはじめて今高2。あと1年で終了の予定だけど、支払いは終わっています。100万くらいでした』
『うちは子ども2人、やっと終わった〜。ひとり100万はかかったな』
『小3からだったかなー、矯正をはじめたの。春から中3になるけど、いつまでかかるかなー。既に100万くらいかかってる』
『うちも子ども2人ともだったから総額200万近かったわー。しっかり綺麗にしてあげてね』
『息子は幼稚園半ばから低学年までで終了してる。娘は小学校低学年から高学年の今もまだ歯科矯正中。まだまだ時間かかりそう……。2人で200万はかかってるかな』
『うちはアゴが小さく、歯が巨大。金額も100万じゃ全く足りてない』
子どもの歯の状況によって、治療の内容もかかる費用もさまざまのよう。なかには10年以上の月日を費やしたり、きょうだい揃って矯正したりなどでかなりの出費になったケースもあるようです。コメントにいくつも挙げられた「100万」という数字を見ると、気軽にポンとお財布から出して払えるようなお金ではないことが想像できますね。

毎日の手入れも頑張る!



ママたちが頑張るのは金銭面だけではないようです。子どもが口のなかに器具を装着することで毎日の歯磨きが大変になったり、食べ物への配慮が必要になったりすることもあるそう。お手入れを欠かさずサポートすることも、親にとって大切な仕事だと感じるのですね。
『うちの小2娘も矯正中、もう少しで1年くらい。お金もかかるし、毎月の歯医者通い、毎日の仕上げ磨きも大変。丁寧にやるので夜は10分くらいかかる。だけど綺麗に並んできたし、やって良かったです』
『矯正って言っても、歯の位置を直すだけじゃなくて、アゴの骨格を直すのにマウスピース、舌の位置を直すのに舌の運動……うちの子どもの場合ね』
『うちは中学生だけど自分で決めて始めたよ。「将来、歯並び悪い方が嫌だから今やりたい」って言われた。最初は痛そうだったけど自分で決めたことだから頑張ってる』
『小3から始めて6年生からワイヤーの矯正になって、上の歯は2本抜いた。ワイヤーにしたら食事もしづらいし、歯磨きも大変だし、でも本人も頑張ってるよ』

頑張ろう!エールを送り合うママたち


歯科矯正が始まると子ども自身が口のなかに違和感をおぼえたり、ときには痛みを感じたりするとのこと。なかには面倒で嫌だ、辛いから止めたいという気持ちになる子もいるかもしれません。一緒に立ち向かうママが励ましながら、まさに二人三脚で乗り越えていくことになるのでしょう。
『大事だよね! うちも子どもたちには歯科矯正したよ!! 綺麗な歯並びになるし、人生において、大きな財産を残してあげられるよ』
『このあいだ無料の相談で歯医者さんへ連れて行った。まだ乳歯が残ってるから半年後に詳しく検査することになった。お互い頑張りましょう!』
『高いよね……。わが家は私が歯並び悪いから遺伝したのか、子ども3人が矯正してます。お互い頑張って働きましょー!』
『歯って一生使うもんね。長い人生で考えたら高い出費なんだけど、人生で割ったら安いよね。今は大変だけど、頑張ってね』
『息子も歯並びが酷かったけど小3から頑張って、今高2だけどすごく口元が綺麗になって本人も自信ついたようよ。よく歯を見せて笑うようになった。メンタルも健康になるよ。頑張ってね!』
もちろん歯科矯正にかかる費用や手間などを考えると、検討したけれどできなかったというご家庭もあることでしょう。ただせっかく今回思い切ってスタートする選択をしたのならば、ぜひ無事にやり遂げられるといいですね。子どものために頑張って働こうという決意を、同じ経験をしたたくさんのママたちが応援していますよ!

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ イラスト・あい

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定