次期Windowsイベントの発表内容予測と1つの疑問

0

2021年06月24日 06:11  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真「What's Next for Windows」のメディア向けサイト入り口
「What's Next for Windows」のメディア向けサイト入り口

 MicrosoftのWindowsイベント「What's Next for Windows」が2021年6月24日午前11時(米国東部標準時、日本時間で25日午前0時)に開催される。次期Windowsの概要については過去の情報をまとめたレポートを出しているが、後に「Windows 11」の名称が冠されたOSのISOファイルが流出しており、これをインストールしての分析やスクリーンショットが多数掲載されている状態だ。ITmedia NEWSでもこの情報をキャッチアップした記事が掲載されていたりする。



【その他の画像】



 「Windows 11」と呼ばれるOSが実際に24日(日本時間で25日)に発表されるかは分からないが、流出したISOファイルから把握できる情報を見る限り、事前に出回っていた内容から大きく逸脱しているわけでもなく、「想定の範囲内」というのが個人的な感想だ。既に本連載で何度か次期Windowsに相当する「21H2」の情報をフォローアップしていることもあり、今回はイベント直前ということで「イベントの概要」と「残された疑問」の2点にフォーカスしていきたい。



●イベント内容は「Windows一般」「ビジネスIT」「開発者」と幅広く



 Microsoftが当初、報道関係者向けに送ってきた招待状にはイベント開催時間は「現地時間で午前11時から45分間」と書かれており、実際に視聴登録をすると、この時間帯で「What's Next for Windows」の予定がカレンダーに登録される仕組みになっていた。



 登録受付の確認メールには「後に詳細のアジェンダを送る」というメッセージが含まれていたが、何とイベントには続きがあり、一般向けの公開URLである「https://www.microsoft.com/windows/event」で見られるイベント本体だけでなく、「ビジネスITユーザーをターゲットにした報道関係者向けブリーフィング」と「YouTubeで閲覧可能な開発者向けイベント」の2つがさらに含まれており、ほぼ半日がかりのイベントということが判明した。



 つまり、単なる新しくなったWindowsのお披露目というだけにとどまらず、周辺戦略まで含めて説明が行われることになる。



 前回も触れたが、今回発表される“新しい”Windowsはコンシューマーをターゲットにしたマーケティング要素が多分に含まれており、「What's Next for Windows」のイベントにおいても、その時間の多くは新しくなったUI/UX、そして周辺サービスとの連携などの説明に割かれることになると考えられる。



 一方で、「Windows as a Service(WaaS)」の概念に沿って「SAC(Semi-Annual Channel)」として年2回の大型アップデート(機能アップデート)が提供されていたWindows 10は、これまでのMicrosoftがポリシーとして提供していた延長サポートが終了する登場から10年後の「2025年10月14日」をもっていったん終了することになる。そして、このイベントで発表されるWindowsが今後の企業のIT投資にどのような影響を与え、かつMicrosoftとして今後の方針を示す必要があるはずだ。おそらく、メイン後の1つめのブリーフィングがその時間に費やされることになるだろう。



 そして、2つめの開発者向けブリーフィングについては、2つのポイントがあると考える。1つは前回のレポートでも触れたように、「Microsoft Store」の仕様が大幅に緩和され、開発者がWindowsプラットフォームを通じてアプリケーションやコンテンツを配布する仕組みに大きな柔軟性が確保される。このあたりはメインイベントの方でも触れられると思うが、より詳細な情報が提供されることになるだろう。



 2つめは開発環境の話で、かつての「WinRT」のようにAPIやアプリ開発ポリシーがざっくり変更されるようなことはないと思うが、先日“Preview 1”の提供が開始されたばかりの「Visual Studio 2022」など、Build 2021の延長として語るべき内容は多くあると考える。特にVisual Studio 2022は初の「完全64bit対応の開発環境」であり、これまでコンパイラやデバッガを含む一部のモジュールが32bit動作していたVisual Studioが、初めて64bit版として登場する。



 いずれにせよ、ここ最近はあまりフォローアップが行われてこなかったストア回りの施策が改めて示される機会と考えており、MicrosoftやWindowsを軸にビジネスを展開するデベロッパーにとっては注目すべきイベントだと筆者は考える。



●流出した“Windows 11”に見られるビルド番号の謎



 今回流出が話題になったのは“Windows 11”と呼ばれるOSだが、それ以前には開発中止になったWindows 10XのISOが流出してスクリーンショットが多数インターネット上に掲載されたという事件があった。AI関係の研究開発を行っているDaniel Kornev氏がTwitterアカウント上で2つの流出OSの比較動画を紹介しており、ここで注目してほしいのは2つのOSのビルド番号だ。



 2021年1月に流出が確認されたWindows 10Xでは、「Build 20279」のビルド番号が付与されていたが、今回のWindows 11では一気に数字が飛んで「Build 21996」となっている。



 Windows Insider ProgramのBeta ChannelとRelease Previewで現在提供されている「20H2」のビルド番号は「Build 19042.1081」、「21H1」のビルド番号は「Build 19043.1081」であり、「19xxx」台の数字となっている。



 対してDev Channelで5月26日(米国時間)に提供されている最新の開発途上ビルドは「Build 21390」であり、「21xxx」台だ。



 これに関して興味深い話題がある。BetaWikiというサイトに、Microsoftの社内外を含む過去さまざまな場所から収集された“ビルド番号”が記録されている。



 Windows OSの“コア”にあたる開発コード名の説明は省略するが、本項執筆時点で「Manganese」が「19400-19645」、「Iron」が「20124-20344」、「Cobalt」が「21200-21996」、「Nickel」が「22350-22395」となっている。



 これを見ると分かるが、「Semester」と呼ばれるコアの開発サイクルで各世代ごとに1000単位でビルド番号が上昇しており、その世代を見分けられるようになっているようだ。この番号規則はManganeseの途中から導入されたようで、それ以降のSemesterでいきなりビルド番号が“跳ねる”ようになった。



 また、一連の数字の規則から判断する限り、21H1までの大型アップデートはManganeseの範ちゅうに入っていない。逆に流出したWindows 11では「Build 21996」となっているため、これはManganeseとIronという2つの世代を飛ばして一気にCobaltに到達していることになる(ちなみに流出したWindows 10XはIronの範ちゅうに入る)。



 筆者も過去の記事で勘違いしていた可能性が高いが、今回の“Windows 11”と呼ばれるOSでは、Manganese/Iron/Cobaltの開発サイクルで培われた機能が一気に取り込まれ、内部的/機能的に大きな飛躍を遂げている可能性が高いと考える。



 流出したWindows 11についてKornev氏は「Build 21996は開発ブランチで行われた変更がメインのブランチに反映される途上にあり、最終版ではない」とも指摘している。つまり、“Windows 11”としてリリースされるOSは最新の開発ブランチである「Build 21996」ではなく、変更差分が追加あるいは削除された形で最終的な“ビルド”へと昇華されるのではないかという推測だ。



 一連の開発ブランチに関する不透明な部分について、TwitterユーザーのAlbacore氏がイベント開催までのタイムラインをまとめているが、ここでの情報をそしゃくしつつ、実際にWindows 11が(おそらく秋に)どのような形で登場するのか、考えを巡らせてみてほしい。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定