スペインの名指導者が推す東京五輪でカギを握る7人。「U−24世代では1、2を争う逸材」と絶賛した選手は?

0

2021年06月24日 07:01  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

「U−24ガーナ代表戦、ジャマイカ代表戦と連勝を飾り、東京五輪に向けていい準備になったと言えるだろう」

"スペインの慧眼"ミケル・エチャリはそう言って、18人で東京五輪に挑むU−24日本代表の前途を祝している。

 エチャリは、15年以上にわたってバスク代表の監督を務めてきた。FIFA非公認のチームながら、毎年のように代表戦を行なっており、ボリビア、ベネズエラ、ペルーなど南米の伏兵をことごとく打ち負かしている。2006年、当時最強を誇ったバルセロナの選手を中心にしたカタルーニャ代表を破った戦術は、多くの監督が採用するバルサ対策となったほどだ。

「日本はオーバーエイジ枠の3人が入ったことで、ソリッドなディフェンスが印象的になっている。正直、対戦相手のレベルが低かったため、スコアに関しては限定的な成果とするべきだが、内容そのものは良かった。例えば、ジャマイカ戦は左サイドの三笘薫がとても目立った動きをしていたし、競争は激しく、チーム力は上がっている」

 かつて日本代表の南アフリカW杯での健闘と、ブラジルW杯の惨敗を予見したエチャリが、東京五輪のキーマンとして注目する日本のメンバーの7人とは?




吉田麻也(サンプドリア)

 ガーナ戦で冨安健洋と組んだセンターバックは、チームに安定感を与えていた。敵に脅かされそうな気配を、ことごとく断ち切っていた。守備者としての熟練を感じさせ、「いい守りがいい攻めを作る」という定理の起点になっていた。攻撃のセットプレーでは、高さが武器になっている。冨安の欠場により、ジャマイカ戦では前後半、2人のセンターバックと組んだが、どちらにも支えとなって力を引き出し、磐石の気配があった。

酒井宏樹(浦和レッズ)

 雄壮なまでに、プレーに力強さを感じさせる。ほとんど相手に攻め手を与えていない。攻撃のタイミングの取り方にも優れており、重心の低い突進で奥深くまで侵入し、相手を混乱に陥れる。ガーナ戦の3点目のシーンで、攻め上がってのクロスは、FW上田綺世と息が合っており、クリアしきれなかったディフェンスのオウンゴールになった。攻守を繰り返すことができるスタミナも十分だ。

 ジャマイカ戦は右サイドで重厚感をもたらしていた。久保建英との連係も良好。スローインのリスタートもめざとかった。

遠藤航(シュツットガルト)

 ひとりのサッカー選手として、非常に高いプレークオリティを持っている。オーガナイザーとしてのテクニックは十分だし、タックルに入る時の激しさもすばらしく、プレービジョンを身につけている。日本代表の試合では、相手ボールに食いつきすぎてしまって背後を取られるゲームもあったが、U−24日本代表では攻守一体の軸としてチームを機能させている。

 ガーナ戦、ジャマイカ戦、ともに周りの選手との連係も良かった。とりわけ、田中碧とは良好なサポート関係。チャレンジ&カバーによって、高さを変えながらズレを生み出し、プレーを有効にしている。

◆U−24日本代表はアテネ金のアルゼンチンを彷彿。OA3人が「史上最強」と言えるわけ

田中碧(川崎フロンターレ)

 極めてプレーセンスが高いMFと言えるだろう。遠藤との連係は抜群だ。補完関係を作るのがうまく、攻撃の選手のプレーも促している。プレースピードが飛び抜け、精度も落ちないだけに、相手を凌駕できる。3月のU−24アルゼンチン代表戦では、ひとり別次元にいた。準備の段階で勝っており、相手を翻弄。すばらしい将来性を持った選手で、U−24の世代では1、2を争う逸材と言える。

 ガーナ戦の6点目。中盤で壁パスを繋げながらボールを運び、スペースを作り出し、それを使わせるという戦術的プレーは瞠目に値した。あえて言えば、もう一段階、空中戦のレベルを上げることだろう。世界を相手にした時、ウィークポイントを持たないことが大事になる。

堂安律(PSV)

 左利きのアタッカー。久保とのポジション交換で、相手に致命的なダメージを与えられる。ガーナ戦では、久保が打ったシュートのこぼれ球をフォローし、ボレーで叩き込んだ。

 スキルの高さは今までも歴然としていたが、最近はビジョンを使えるようになった。周りを使う力が増したといえばいいだろうか。フル代表にも選ばれており、サイドでの1対1からのカットインが持ち味だったが、それ一辺倒になりがちなところもあった。しかしここ1年で、選手として成熟したように映る。ジャマイカ戦の2点目の田中への戻しは、周囲がよく見えていたし、4点目ではシュートポジションで待って相馬からのパスを引き出し、冷静に打ち込んでいる。

久保建英(レアル・マドリード)

 ガーナ戦では上田、堂安と際立った連係を見せていた。先制点は久保が持ち込んで打ったシュートのこぼれ球を堂安が叩き込み、2点目は上田がキープして戻したパスを久保が決めた。セットプレーのキッカーとしてショートコーナーを選択するなど、戦況を見通したプレーも目を引いた。

 ジャマイカ戦でも、中断直後のスローインに抜け目なく駆け出し、ドリブルから4人また抜きシュートを決めた。個人技でゴールを奪えるアタッカーだ。トップの上田の背後を横へ大きく動き、幅を使ったポジション交換で、相手を慌てさせていた。左利き独特のリズムがあり、左サイドバックの旗手怜央からも好パスを受けている。シュートに持ち込むスピードも図抜けて速い選手だ。

上田綺世(鹿島アントラーズ)

 プレーの定理を深く理解している。イメージを感じさせ、明確なビジョンがあるのだろう。前線で積極的な動き出しを繰り返してボールを呼び込み、サイドにも流れる。何より、味方と呼吸を合わせるプレーの質が高い。エリア内だけでなく、エリア外でも周りとのコンビネーションによって攻撃を活性化できるFWだ。

 空中戦に対しても怠惰ではない。ガーナ戦での空中戦の勝率はそれほどでもなかったが、チームを前に引っ張っていた。ボールを受けて走るパワーもすばらしい。ガーナ戦では、エリア内でディフェンスと並走しながらボールを強引に収め、キープして深みを作ると、マイナス方向の久保へ戻して、2点目が決まった。クロスに対して飛び込むタイミングも良く、酒井のクロスはオウンゴールになったが、適切な動きだった。あえて苦言を呈するなら、ターンには改善の余地はある。

 ジャマイカ戦は後半から出場し、3点目を決めた。スルーパスに対し、ゴールへ最短距離で走り込んでいる。GKの体勢を見極めたループシュートは、スキル、ビジョンが横溢していた。

    ニュース設定