ローソンがAIを活用した値引きの実験 食品ロス削減目指して弁当やおにぎりなどで

7

2021年06月24日 07:09  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真値引き推奨画面イメージ
値引き推奨画面イメージ

 食品ロスの削減に向けて、ローソンはAIを活用した商品の値引きの実証実験を東北地区の一部店舗でスタートしました。



【その他の画像】



 消費期限が短く食品ロスが発生しやすい弁当、おにぎり、寿司、調理パンの値引き額を、店舗ごとの天候やその日の在庫数などのデータからAIが算出。AIの推奨額を元に値引きシールが貼られます。



 設立当初から店舗ごとの判断で値引き時間や値引き額、対象商品を決定していたローソン。AIの活用でより簡単で効果的な値引きが可能になるとしています。実証実験の結果に基づいて、2023年度中に全店での導入を目指すとしています。



 ローソンではこれまで、店内調理のファストフーズや厨房商品などの値引き販売の推奨を行うなど、約8割の店舗で値引き販売を実施(2020年度実績)。2015年からはAIを活用したセミオート発注の導入で発注のムダを減らし、定番弁当のチルド化、常温商品の販売許容時間の延長などを食品ロス削減に取り組んでいます。



 AIによる値引き額と、各店舗独自の判断による値引き。消費者としては、どちらがお得なのかも気になるところですね。


このニュースに関するつぶやき

  • それも大事だけど店員の態度を…。ファミマセブンに比べて私の中の株が爆下がりしてるんだが。値引きなんて他の方も仰ってるけどセブンの方が先にやってるやん。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 値引きに違いはない https://mixi.at/aa4M6Vc
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定