守備力で選ぶ「歴代捕手ベスト10」。大矢明彦が「私など足元にも及ばない」と評価したNo.1は?

5

2021年06月24日 11:21  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 捕手は「扇の要」と称されるように、野球で重要なポジションに位置づけられている。これまでも数々の名捕手がプロ野球界を彩ってきた。そこでセ・リーグ初のダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)受賞者であり、通算6回のダイヤモンドグラブ賞を受賞した名捕手・大矢明彦(元ヤクルト)に「守備力の高かった捕手ベスト10」を選んでもらった。





10位 岡村浩二(1961〜1974年/元阪急ほか)
 
 阪急ブレーブス(現・オリックス)の黄金期を支えた名捕手でした。私は若手時代、「岡村のブロックは上手だから、よく見ておけ」と言われていました。

 コリジョンルールのできた今は必要なくなりましたが、かつてブロックは捕手にとって必要不可欠な能力でした。捕手のブロックで大事な1点を防げるわけですから、私たちはどうやってブロックするかを考えていました。時には体を張って、ランナーの体当たりを受けることもありました。

 岡村さんのブロックが巧みだったのは、左ヒザの使い方。よく参考にさせてもらった記憶が残っています。

9位 袴田英利(1978〜1990年/元ロッテ)

 私は、日米野球でロッテのエースだった村田兆治さんとバッテリーを組む機会がありました。すると、村田さんは「ノーサインで受けてくれ」と言うのです。村田さんの球種は豪速球に落差の大きなフォーク、スライダー。捕るだけで大変でした。

 そこで、「(村田さんとバッテリーを組んでいた)袴田はよくこの球をノーサインで捕れるな」と痛感しました。村田さんはこうと決めたら動かない頑固なところもあり、そんな投手を気分よく放らせている袴田に頭が下がる思いがしました。大エースにいい仕事をしてもらうために、体を張ってボールを止める。村田さんの快投を支えたのは、隠れた名捕手でした。

8位 梨田昌孝(昌崇/1972〜1988年/元近鉄)

 個性的な打撃フォームの「こんにゃく打法」で有名でしたが、守備の名手でもありました。とくにスローイングは抜群でしたね。

 伊勢孝夫さんが近鉄でコーチを務められた時期に、当時若手だった梨田を紹介されたことがありました。

「梨田を一人前にしたいんだけど、いろんなことを教えてやってくれないか」

 そう頼まれ、九州に向かう電車の中でいろいろな話をした思い出が残っています。ハンサムでいい男だなと思っていたら、すぐに頭角を現してパ・リーグを代表する捕手になりました。

7位 有田修三(1973〜1991年/元近鉄ほか)

 近鉄時代は梨田と併用され、1979〜1980年のリーグ連覇に貢献しました。しゃがんで構えたシルエットだけで有田だとわかるような、安心感のある捕手でした。

 リード面は安全というより、攻めた配球ができました。打者の特徴をよく研究して、一発勝負で思い切りのいいリードができる。

 1986年の巨人移籍後はそのエッセンスを持ち込み、新風を吹かせました。巨人の投手陣にとっても有田の思考は新鮮だったはずで、いい相乗効果が見られました。

6位 中尾孝義(1981〜1993年/元中日ほか)

 スマートな体型で、足も速くて、肩が強い。従来の捕手像を覆した存在でした。それまでの捕手といえば、太っていて、鈍足で、怒られてもじっと我慢しているようなイメージ。それを中尾が一新してくれたような気がします。

 個人的に彼のプレーで好きだったのは、「パチン!」と気持ちのいい音を立ててキャッチングするところ。投手を乗せる、実にいい音なんです。

5位 達川光男(1978〜1992年/元広島)

 同じリーグでしのぎを削った仲ですが、あの狭かった広島市民球場をホームグラウンドにして投手陣をリードするのは骨が折れただろうと思います。

 達川の特徴はよく言えば元気、悪く言えばやかましいとでも言いますか(笑)。それもまた、彼の個性でしょう。

 いつも投手を奮い立たせる、前向きにさせられる捕手でした。達川の声掛けをベンチから聞いていて、つい吹き出してしまうこともありました。

 広島市民球場でのヤクルト戦、ランナー二塁の場面で大杉勝男さんが打席に入ると、達川は投手にこう声を掛けました。

「バッター、石じゃけん。ストライク放らんでもええんよ」

 歩かせてもいいと伝えたかったのでしょうが、「石」と言われた大杉さんはカンカンに激怒しました。その打席でバットを引くふりをして、達川のマスクにガツンとぶつけていましたね(笑)。

4位 伊東勤(1982〜2003年/元西武)

 いかにも森祇晶さんに育てられた捕手だよなぁと感じます。私も現役時代にコーチだった森さんと接しましたが、森さんの教えは「とにかく我慢して、ピッチャーを引き立てるようにしなさい」というもの。時には捕手が目立つことも是とする野村克也さんとは対照的で、その野村さんに育てられた古田敦也と森さんに育てられた伊東も好対照です。

 伊東は粘り強いリードができる捕手でした。「あきらめない」とも言い換えられるでしょう。捕手は時に、安易な選択に流されてしまう場面があるものです。たとえばランナーを背負い、カウント3ボール2ストライクの場面でファウルが続いたとしたら。捕手には同じ球種を続けるか、他の球種を選ぶかの選択肢があります。

 捕手はそういう場面で球種を変えたくなるものですが、伊東はギリギリまで見極める。「今のはバッターにとってもギリギリのファウルだった」と、同じボールを続けることもあります。つまり、勝負に対して最後まであきらめないんです。この粘り強さが、西武の黄金時代を築いた一因になったのは間違いないでしょう。

3位 森昌彦(祇晶/1955〜1974年/元巨人)

 私が幼少期の頃はテレビでは巨人戦しかやっていなかったので、V9時代の正捕手だった森さんの試合はほとんどテレビで見ていました。逆に野村克也さんはパ・リーグだったこともあって、あまり印象がないんです。

 V9時代の巨人にはすばらしいピッチングスタッフがいたという大前提がありますが、それでも常勝チームならではのプレッシャーは常について回ったはず。決して日の当たる派手な役回りではありませんでしたが、ずっとマスクを被って巨人を支えた森さんの功績は大きいと感じます。

2位 古田敦也(1990〜2007年/元ヤクルト)

 かつてはテレビ中継でセンターカメラはなく、バックネット裏から投手が正面に来るようなカメラアングルでした。でも、センターカメラになってから捕手が正面に来るようになり、その仕草がよく見えるようになった。それ以来、徐々に捕手にスポットが当たるようになったと感じます。

 古田が出現した頃から、捕手は「司令塔」と呼ばれ始めました。古田は相手の裏をかいて、「うまく打ち取ったねぇ」と大向こうをうならせる。捕手の手柄が目立ちやすいリードだったように感じます。

 とにかく、相手打者の嫌がるところをしつこく突けるのも特徴でした。私が横浜の監督時代、ヤクルト戦になると打者がこう漏らしていました。

「古田がキャッチャーをやっていると、何を狙っているかすべて見透かされているようでイヤだ」

 いい捕手ほど、相手チームの選手から嫌がられるものです。それまでの野球は投手が主役で、捕手は「女房役」という言葉があるように、どちらかと言えば引き立て役でした。そんな陰の存在から「捕手が投手を引っ張っていく」という存在へと変えたのは、古田が残した大きな功績ではないかと感じます。

1位 谷繁元信(1989〜2015年/元横浜ほか)

 私が横浜(現DeNA)のバッテリーコーチに就任した1993年、谷繁はプロ入り5年目で定位置を確保したとは言えない状況でした。驚いたのは、捕手・谷繁に対する周りの評価が思いのほか低かったこと。それは本人も感じていたはずで、「どうせ俺なんてダメなんだろう?」という思いもあったでしょう。

「自分本位なリードをする」と見られていましたが、それは当たり前です。プロに入るような選手は、誰もが「自分が一番うまい」と思っているのです。経験のない選手ならなおさら、そんな思考に陥ってしまうものでしょう。

 私が厳しく鍛えたから谷繁が一人前に育ったと言っていただくこともありますが、私は100パーセント、谷繁自身の頑張りだと感じています。指導者はヒントや提案を与えられても、結局最後は選手自身がどう考えを広げていくか。谷繁は与えられた1つのヒントから、いろんな方向に考えを広げて自分のものにしていった。私など足元にも及ばない捕手になってしまいました(笑)。

 谷繁はFA宣言をして、2002年から中日に移籍しました。私は2007年に再び横浜の監督に就任しましたが、若い選手がこんなことを言っているのを聞きました。

「谷繁さんがキャッチャーをやっていると、何が来るかわからないからイヤだ」

 かつて古田が相手打者から嫌がられていたように、谷繁もそんな存在になったのだなと感慨深かったです。中日に移籍したことで、川上憲伸ら好投手とバッテリーを組むなかでさらに勉強したのでしょう。投手がいいと、捕手のリードには「遊び」が生まれます。配球の幅が広がり、勝負の仕方のバリエーションが増える。

 対戦相手の監督としては、非常にやりづらい捕手でした。中日戦では、いつも谷繁に軽くあしらわれていた印象が残っていますね。通算3021試合出場のNPB記録を持っているのですから、文句なしの1位選出です。

 近年は野球の試合の進め方が変化してきており、一昔前のような「頭脳派捕手」と呼ばれる存在が少なくなってきました。先発投手は打者2巡程度で交代し、球速150キロを超えるパワーピッチャーが次から次へとリリーフに出てくる。試合全体を通してリードを考え、捕手が「撒き餌(まきえ)」をする必要性がないのです。

 とはいえ、現役捕手で成長を感じるのは梅野隆太郎(阪神)です。私が感心するのは、投手に対して「ここは絶対にボールにしてくれ」などと意思表示をしっかりとすること。打者をどのように打ち取るか、明確に考えている証拠です。私のなかで、「もっとも捕手らしい捕手」と評価しています。


【Profile】
大矢明彦(おおや・あきひこ)
1947年、東京都生まれ。1969年ドラフト7位でヤクルトアトムズ(現・ヤクルトスワローズ)に入団し、1年目からレギュラーに定着。1978年には正捕手としてヤクルト球団初のリーグ優勝に貢献した。1985年に現役を引退し、横浜ベイスターズのバッテリーコーチを経て、1996〜1997年、2007〜2009年に横浜の監督を務めた。現在はフジテレビ・ニッポン放送の野球解説者などで活躍。

このニュースに関するつぶやき

  • あまりにも渋すぎるラインナップでみんなコメントできないでいるよw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 大半はそこそこ打てる人。だから打てんとあかんということよ!
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定