茨城放送、首都圏意識のラジオ局へ radiko配信エリアも拡大

0

2021年06月24日 12:52  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『LuckyFM 茨城放送』開局発表記者会見に登場した(左から)阿部重典氏、畠中悠、伊藤俊介、堀義人氏 (C)ORICON NewS inc.
『LuckyFM 茨城放送』開局発表記者会見に登場した(左から)阿部重典氏、畠中悠、伊藤俊介、堀義人氏 (C)ORICON NewS inc.
 LuckyFM・茨城放送が24日、都内で会見を行い、総務省より「周波数88.1MHz、出力100ワット」の条件でFM補完中継局「つくば局」運用における本免許を交付され、7月1日より、首都圏を意識したラジオ局として新たに開局すると発表した。

【写真】開局特番『ヤバいぜ茨城LuckyFM』を担当する綾部祐二&渡辺直美

 7月1日の12時より、茨城放送は東京都・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県にradikoの配信エリアを拡大。首都圏のリスナーも無料で茨城放送のコンテンツを聴取することができる。

 会見には、今回の開局に先駆けてスタートした新音楽番組『レバレジーズpresents MUSIC COUNTDOWN 10&10』(毎週日曜 後3:00)のパーソナリティーを務めるオズワルド、同局オーナーの堀義人氏と阿部重典社長が出席。開局記念特番として放送される『ヤバいぜ茨城LuckyFM』(7月4日 後2:00)のパーソナリティーを務める、ピース・綾部祐二、渡辺直美はコメントを寄せた。

 周波数にちなみ「ヤバいぜ」とつけられた綾部と渡辺の特番について、オーナーの堀氏は「LuckyFMということで、茨城を脱皮して、首都圏に参入しようということで、全国の方々に聞いていただき、周波数も認識していただける非常に強い意気込みを感じる番組です」とアピール。オズワルドの2人に対しても「とんがって話題になることが大事。新しい形の音楽番組を期待しています」と呼びかけていた。
    ニュース設定