プロ野球の二軍戦が人気! なぜファンはファームの試合に足を運ぶのか…

8

2021年06月24日 18:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真ヤクルトの二軍戦が行われる戸田球場 (c)朝日新聞社
ヤクルトの二軍戦が行われる戸田球場 (c)朝日新聞社
 プロ野球二軍戦の人気が高まっている。コロナ禍で様々な制限があるとはいえ、1000人規模で開催される試合もある。なぜ二軍戦が人気なのだろうか……。その理由を探ってみたい。

【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になったマー君の奥様はこちら(他7枚)

 まず、どのぐらいの観客数があるか、直近2週間の日曜日に行われた試合を調べたところ以下の通りとなった。※観客数はNPBで公式に発表されている試合のみ記載。カッコ内は試合の行われた球場名


■6月13日(日)

・楽天vs巨人(森林どり泉):77人

・ヤクルトvsロッテ(戸田):388人

・DeNAvs西武(横須賀):754人

・阪神vsソフトバンク(甲子園):2293人


■6月20日(日)

・ヤクルトvsDeNA(戸田):386人

・西武vs楽天(カーミニーク):90人

・巨人vs阪神(ジャイアンツ球場):1690人


 甲子園開催の試合を含め、阪神、巨人の集客力の高さは二軍戦でも特出している。そしてファンサービスに熱心なDeNAの客入りも素晴らしい。驚くべきは河川敷球場と言っても良い戸田に400人近いファンが訪れていること。各球団とも二軍戦が健闘しているのがわかる。

 実際に試合を観戦していたファンに二軍戦に訪れた理由を聞くと以下のような答えが返ってきた。

「スタンドができたりしたけど、球場周辺から試合を覗けるのは変わらない。土手で寝っ転がってお酒を飲みながらでも見れる。川が近いし風もあって換気の心配もない。今の時期、無理して一軍戦へ行くよりも戸田の方が良い。近くにコンビニなどがあれば最高だけどね」(戸田球場のヤクルトファン)

「お酒はスタンド内では禁止だけど、再入場できるので球場の外へ出てビールなどを飲み干してから戻れば良い。徒歩5分以内にコンビニもあるから買い物にも困らない。調子が悪いDeNAは一軍選手が降格して試合に出ることが多い。スタンドから試合も見やすいしコスパも最高」(横須賀のDeNAファン)

 二軍戦を見に行く人は熱狂的なファンという印象があるが、逆に軽い気持ちで見に行けるというのが理由の人も多いようだ。また、各球団とも育成に力を入れ始め、生え抜き選手がスターに育つケースも増え、注目の若手選手を間近に見ることができる。チケット代も最も高いものが、戸田球場が1500円(週末料金)、横須賀が1200円と、一軍に比べて割安なことも観客増の要因だ。そしてコロナ禍の現在では、球場内ではないが「お酒が飲める」というのも理由の1つとなっている。

「緊急事態宣言等が出されてから、二軍戦の観客数が増えている印象がある。野球を見ながらのビール(=お酒)はワンセット。世間で自由にお酒が飲めない雰囲気の中、二軍戦での飲酒は究極の『外飲み』ですよ。コンビニの前で飲んでいたら白い目で見られますが、球場周辺なら文句を言われない」(スポーツ新聞セ・リーグ球団担当記者)

「スタンド内では酒類は厳禁ですので没収。マスク着用も徹底させてもらっている。でも球場外は自己責任ですし管理できない。二軍球場はアクセス面など不便な部分もあります。このご時世、選手との接触もできないのでファンサービスも不十分。それでもチケットを購入して来ていただけるのは感謝しかない」(在京球団営業担当者)

 一軍戦では球場への入場後、一旦外出してからの再入場ができない場合がほとんど。しかし二軍戦では変わらずに再入場を認めているところが多い。観戦中は我慢し、イニング間などに球場外へ出て飲酒して戻って来ることも可能だ。

 ネックになるのが、二軍球場のアクセス面は決して良くない点。甲子園やカーミニーク(西武第二球場)などはともかく、関東地区の球場はアクセスは良いとは言い難い。ジャイアンツ球場は坂道を歩く覚悟が必要だし、横須賀も最寄り駅から多少の距離がある。鎌ヶ谷もシャトルバスが必須で、戸田に至っては路線バスか自転車などで行くしかない。それでも見に来てくれるファンは、球団にとってとてもありがたい存在だろう。

「神宮でビールを飲んで、大声を出して、傘を振って応援したい。でも現実的にそれができないのなら戸田でのんびり見るのも良い。平日昼間の試合も多いので、最高ですよね。もちろんその中で感染対策はしっかりする。戸田なんてスタンド外にビールの自動販売機とか置いたら売れる。1本500円くらいでもみんな買うはず」(戸田球場のヤクルトファン)

 チケットを買って球団に協力しつつ、可能な範囲で楽しみ方を見つける。二軍戦での観戦スタイルは今の時世に合っているのかもしれない。











このニュースに関するつぶやき

  • 贔屓チームの「NEO SKY, NEO MAP」を想像したいから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 一番の理由は勝敗を気にしなくていいことかな。ネットの無い時代は、若かりし頃から見てた選手が一軍で活躍すると、昔から知ってた感あって得したような気分でしたよ。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定