「鉄印帳」1周年記念オンラインイベント7月17日開催 三陸鉄道の魅力をライブで紹介

3

2021年06月24日 20:41  ねとらぼ

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真読売旅行が開催する「鉄印帳」開始1周年記念のオンラインイベント
読売旅行が開催する「鉄印帳」開始1周年記念のオンラインイベント

 御朱印帳の鉄道版といえる「鉄印帳」が、2021年7月に開始1周年を迎えます。これを記念して、読売旅行はオンラインイベント「鉄印フェス★てつたび!」を2021年7月17日に開催します。



【画像】話題になった御朱印帳の鉄道版「鉄印帳」



 鉄印帳は、全国の第三セクター鉄道会社39社が用意する「鉄印」を記帳していく、いわゆる御朱印帳の鉄道版です。



 まず鉄印帳を購入(2200円)し、各鉄道会社の指定窓口で乗車券の提示と記帳料(300円から)を支払うことで、各社オリジナルの鉄印を集められます。全ての鉄印を集めると、希望者は有料でシリアルナンバー入りの「鉄印帳マイスターカード」を発行してもらえます。



 今回のオンライン企画では、日本テレビの藤田大介アナウンサーと、鉄印をコンプリートした「鉄印帳マイスター」3人がディープな鉄道旅の楽しみ方を語りつくすという催しです。



 さらに、第三セクター鉄道のなかから岩手県の海沿いを走る三陸鉄道を特集。三陸鉄道運転士のお仕事密着やオンラインのプチ三陸鉄道旅、小袖海岸・海女さん目線の海中映像、久慈琥珀博物館での琥珀発掘チャレンジなど、三陸鉄道と沿線の魅力をライブで紹介します。



 参加料金は500円(税込、以下同)。三陸でとれたイクラ・ウニを瓶詰めしたご当地グルメ「瓶ドン」が自宅に配送される「瓶ドン」付きプランは2500円。



 イベントは2021年7月17日12時〜13時40分に実施。申し込みは読売旅行のWebサイトから(申込締切は2021年7月9日23時59分)。


    ニュース設定