天谷氏、広島・上本の三振に「1球目、2球目も見逃してしまうと…」

0

2021年06月25日 08:40  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真広島の上本崇司
広島の上本崇司
 24日にニッポン放送で放送された広島−ヤクルト戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏が、6回代打で登場し見逃し三振に倒れた上本崇司について言及した。

 上本は0−3の6回無死走者なしで先発・高橋昂也の代打で登場。ヤクルトの先発・高橋奎二が投じた外角の球を2球連続で見逃し、簡単に追い込まれると、最後はチェンジアップに空振り三振に倒れた。

 天谷氏は「上本選手もったいないですよね。代打でなんとか出塁したいという気持ちはわかるんですけど、ここまで四球も1つとまとまっている高橋奎二投手に対して、1球目、2球目も見逃してしまうと苦しくなってしまいますよね」と解説し、「多く球を見ていきたいタイプかもしれないですけど、ピッチャーに合わせるバッティングも必要ですよね」と指摘した。

 続けて天谷氏は「気持ちは非常にわかるんですよね。私も代打などいろいろ経験しましたから、なんとか粘って粘ってとなってしまうんですが、自分の色というものを出そうとしたときに、相手がそれよりも上のレベルピッチャーだとしたら、後手後手になってしまいますよね」と話していた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
    ニュース設定