林原めぐみ、映画『ヒロアカ』出演で吉沢亮の相棒役「久しぶりの顔キャスティングでしょうか…(笑)」

50

2021年06月25日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真林原めぐみ
林原めぐみ
 アニメ映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』(8月6日公開)の追加キャストが25日、発表された。吉沢亮演じるロディ・ソウルの相棒・ピノ役は林原めぐみが担当する。

【画像】喜怒哀楽の表情が豊か!林原めぐみが演じるピノのキャラ設定画

 原作者・堀越耕平氏がデザイン原案を手がけた劇場版オリジナルキャラクター・ピノは、全身ピンク色で鶏冠(とさか)と羽に紫と黄色の模様が特徴的。感情豊かで喜怒哀楽がわかりやすく、吉沢亮が演じるロディ・ソウルの肩に止まり、いつも行動を共にしている相棒で、ピンチの時は息がぴったり合った連携プレーで助け、苦楽を共にする一心同体の存在となっている。

 そんなピノの声を務めるのは、「エヴァンゲリオン」シリーズで綾波レイ役、「名探偵コナン」シリーズで灰原哀役、「ポケットモンスター」シリーズでムサシ役など、クール・頭脳明晰・活発な女性まで、どんな役柄でも演じ分ける実力派声優の林原。

 今回は言葉をしゃべらないキャラクターのため、感情豊かなピノを鳴き声だけで表現するという難しい役どころ。林原は「久しぶりの顔キャスティングでしょうか…(笑) 某Pモンスターで培った私の“個性”が存分に、十二分に発揮できる役だと思っています。関わることが決まって、シリーズ1から見はじめ、まだ最新まで追いついていませんが、万全でのぞみたいと思います。名シーンや、名場面がたくさんの番組。推しキャラもできましたよ。でも…みんなかわいい」とコメントを寄せた。

 劇場版第3弾は、世界を舞台にヒーローたちが極限のミッションに挑む物語で、漫画原作者の堀越耕平氏が総監修・キャラクター原案を務め、オリジナルストーリーが展開。エンデヴァー事務所でインターン中のデク・爆豪・轟の3人は、日本から遠く離れた国<オセオン>で作戦行動中、ある事件に巻き込まれたデクがなんと全国指名手配されてしまう。事件をきっかけに出会った運び屋の少年・ロディとともに、警察や謎の敵(ヴィラン)集団から命を狙われるデクたち。そして、世界中の“個性”保持者の殲滅を目論む謎の組織・ヒューマライズから、犯行声明が全世界に届き、各国で発生するパニック、刻一刻と迫りくる世界崩壊へのカウントダウンにヒーローたちが立ち向かっていくストーリー

このニュースに関するつぶやき

  • ポケモンからロケット団のムサシ&コジロ-を演じてる林原さん三木さんすげ〜と思う(笑)映画だと山寺宏一さんも付いてくる(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ピノ。足が凄い速そうな名前だな(笑)
    • イイネ!16
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(27件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定