Windows 11イベントで“新しいMicrosoft Store”も発表 条件によっては開発者収益100%に

0

2021年06月25日 10:42  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真  新しいMicrosoft Store
新しいMicrosoft Store

 米Microsoftは6月24日(現地時間)、Windows 11の発表イベントで、「Windows 10とWindows 11の両方に間もなく登場する新しいMicrosoft Store」も発表した。



【その他の画像】



●AndroidアプリのダウンロードがAmazon Store経由で可能に



 米Amazon.comとの提携により、Android向けアプリとゲームをMicrosoft Storeで見つけ、Amazon Appstoreからダウンロードできるようになる。



●開発者がアプリでMicrosoft外の決済プラットフォームを導入可能に



 現在、Microsoft StoreでのMicrosoftが徴収する手数料は、アプリは15%、ゲームは12%となっている。



 7月28日以降は、アプリに独自またはサードパーティーの決済プラットフォームを導入できるようにする。その場合は(当然ながら)Microsoftに手数料を支払う必要はなく、収益は100%になる。



 ただし、これはゲームには適用されない。



●あらゆるアプリ(Win32、.NET、UWP、Xamarin、Electron、React Native、Java、PWA)を受け入れる



 同日から、Microsoft Storeではアプリのフレームワークに関係なく、Win32、.NET、UWP、Xamarin、Electron、React Native、Java、PWAなど、あらゆる種類のアプリを公開できるようになった。



 これにより、Microsoft TeamsやZoom、Adobe Creative Cloud、ペイントやメモ帳もMicrosoft Storeからダウンロードできるようになる。



 Adobe Creative Cloudはおそらくサブスクリプション料金を独自プラットフォームで決済するようにすることで、収益を100%得ることになるのだろう。



●Webブラウザ→Microsoft Storeで安全にダウンロードするためのポップアップストア



 例えばSpotifyのWindowsアプリをWebブラウザで見つけた場合、WebページにMicrosoft Storeのダウンロードバッジが表示されるようになる。これをクリックするとMicrosoft Storeがポップアップ表示され、閲覧中のWebページを離れずに、アプリをMicrosoft Storeからダンロードできる。



●「AppleのiMessageも歓迎する」とナデラCEO



 イベント終了後に米Wall Street Journalが公開したインタビュー動画でサティア・ナデラCEOは、「AndroidスマートフォンはWindowsと問題なく連携する。iPhoneはどうですか?」という質問に対し、「iPhoneとももっとよく連携できるようにしたい。AppleがWindowsと連携したいと思うのであれば、iTunesであれiMessageであれ、何でも歓迎する」とし、「それがGoogleのものであろうとAppleのものであろうと、Windowsで稼働するようにしたい」と語った。



 開発者向けの情報はこちらにまとまっている。


    ニュース設定