傘をさす時は“小指”に力を入れて!生きるだけでやせる仕草

2

2021年06月25日 11:01  web女性自身

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

web女性自身

写真写真

「歩くときは太ももの付け根が伸びるようにするなど、工夫して“太る習慣”を“やせ習慣”に1つずつ変換していったら、1年3カ月で20キロの減量に成功していました」



そう話すのは、フォロー数26万人の大人気インスタグラマーで美容家の本島彩帆里さん。本島さんが多くの女性を惹きつけるのは、無理なく自然なアプローチでモデル並みの美ボディを手に入れ、キープしているから。



本島さんが提唱する「やせる仕草」は、日常生活のちょっとした心がけだが、それらはダイエットのプロもリアルに実践する方法。効率よい筋肉量アップや代謝の向上を促し、冷えや便秘などの不調を改善、やせ体質に導く動きが無駄なく取り入れられたメソッドだ。



今回は2つの仕草を伝授してもらった。




【座り方】



背中を少し平らにする意識で、足裏を地面につける。両脇を締めると姿勢が安定して、背中が丸まりにくい。背中を丸めて足を組むと、腰痛や下腹のたるみの原因になる。



「コロナ禍で座る時間が長くなっているので、座り方も大事。背中を丸めて座ると、背骨や首の歪みが生じ、内臓が圧迫され不調やボディラインの乱れを招いてしまいます。床にあぐらをかいて座ると、“骨盤を立てる”というイメージをつかみやすいかもしれません」


目線の位置を調整することも大切。パソコンの画面は目線が下がらない高さにセットしよう。



■痩せる傘の持ち方は…?




この時期増える傘をさす機会も、ちょっとした心がけで痩せるチャンスになる。



【傘のさし方】



傘は小指を中心に握って、肘を少し外側に開いて持つ。人さし指に力を入れて肘を内側に曲げると、肩が丸まりスタイルが悪く見えてしまう。



「梅雨時は荷物を持って傘をさして歩く日が多いため、歩くときのバランスが取りづらく、肩こりや頭痛の原因に。ぜひ実践してほしいのが傘を持つときの“小指への意識”です。このとき、胸を外側に開いて肩甲骨を寄せる姿勢をとり、小指に力を入れて傘の柄を持ちましょう。二の腕の外側のシェイプアップにも効果的です」



一つひとつを体に覚えさせ、クセをつけてしまうのがカギ。やせる仕草を“日常の当たり前”にして、やせやすい体質になろう。

動画・画像が表示されない場合はこちら


このニュースに関するつぶやき

  • ものを持つ時は小指から締めるのは普通だと思っていたけど違うのかな… https://mixi.at/aa5RNFl
    • イイネ!2
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定