【スマホ料金】値下げ戦国時代!「携帯会社と新プラン」失敗しない・賢い選び方

0

2021年06月25日 12:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
「日本は諸外国に比べて携帯電話料金が高いので、引き下げの余地がある」と政府からの要請があり、携帯電話会社各社が、オンラインの低価格プランを相次いで発表しました。

節約するなら固定費から!通信費が半分になる「格安スマホ」活用ワザ

今や必需品である携帯電話の利用料金は長く継続してかかる固定費なので、月の利用料金を安く抑えられると家計にも大きなメリットになります。

そこで今回は、キャリアと呼ばれる大手携帯電話会社4社の新プランを中心に、プランの賢い選び方とポイントについて解説します。

■「携帯会社」は大きく分けて2種類

携帯会社は大きく分けると2種類で「MVO」と「MVNO」になります。

それぞれの違いについて確認していきましょう。

■MNOブランド

MNOは「Mobile Network Operator」の略で、自社でネットワークを整備しているNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなどの会社を指します。

大手の携帯会社なので、格安スマホと呼ばれるMVNOと比べて店舗があったり、通信範囲のカバー率が高かったりと、サポートが手厚くなっているのが特徴です。

自社ネットワークの管理や、店舗運営に費用が多くかかるため、携帯料金も高めなのが特徴です。

■MVNOブランド

MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、一般的に「格安スマホ」と呼ばれています。

大手の携帯会社からネットワークを借りてサービスを提供している携帯会社を指します。代表的な会社は、IIJmio、mineo、AEON MOBILEなどがあります。

店舗がない会社が多く、通信ネットワークをMNOから借りているため、携帯料金は低めなのが特徴です。

今までMNOとMVNOの料金プランは、サービス内容などの違いから金額の差が大きかったのですが、最近はMNOもオンライン専用で安い新プラン料金を相次いで発表したので、MNOとの差別化が難しい状況に変わってきています。

■大手携帯4社の新料金プランを比較!

MNOの大手携帯4社が提供する料金プランは、店舗を構えていたり自社でネットワーク整備をしていたりするため「格安スマホ」と呼ばれるMVNOに比べ料金設定が高くなりがちでした。

しかし、政府から料金引き下げ要請もあったことから、各社はオンライン専用の新プランを相次いで発表しました。

それぞれの会社の特徴について、確認していきましょう。

■3キャリアはほぼ横並び

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が2021年3月からスタートした新料金プランは、これまでのプランと比べて各社とも携帯料金は低くなりましたが、この3社の比較ではデータ通信量や通話料といった内容はほぼ横並びになっています。

比較すると若干の月額料金の差と、通話オプションに少しだけ違いがあります。

※金額はすべて税抜き表記

NTTドコモのahamo

月額料金2700円。5分以内のかけ放題無料。かけ放題は月額1000円。

KDDI(au)のpovo

月額料金2480円。5分以内のかけ放題500円。かけ放題は月額1500円。

ソフトバンクのLINEMO

月額料金2480円。5分以内のかけ放題500円。かけ放題は月額1500円。

■楽天モバイル

楽天モバイルは、2021年1月に新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表し、データ通信料が1GB以下なら基本料金が無料という設定が話題になりました。

他の3キャリアと違い、データ通信料の段階によって料金が変わる点が特徴です。

データ通信量と月額料金

※金額はすべて税抜き表記
・0〜1GB 0円
・1〜3GB 980円
・3〜20GB 1980円
・20GB〜無制限 2980円

通話料

Rakuten Linkアプリ利用で、他社携帯電話や固定電話への通話はかけ放題(無料)

■失敗しない!携帯会社や料金プランの賢い選び方

携帯各社の公式サイトやパンフレットを見ても情報量が多く、実際にどの会社のどんなプランを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そんな時は、まずは気になるプランを比較してみましょう。

■プランをよく比較する

MNOだけに限らず、MVNOを含めてプランをよく比較してみましょう。比べてみると、金額以外にも自分の中で優先度が高い項目が見えてきます。

優先したいサービスに順位をつけたり、料金と希望するサービスを総合的にみて判断したりするのが良いでしょう。

■選び方のポイント

話題になっている4キャリアの新プランはいずれもオンラインでの手続きが基本ですし、キャリアメールは使えません。

「手続きや分からないことを店舗で直接質問できる」、「キャリアメールを使いたい」といった場合などは、4キャリアの新プラン以外の選択肢の方が合っている場合もあります。

料金やデータ通信量の比較だけでなく、そのプランの条件についてもよく吟味してみましょう。

料金以外の細かいサービスやアフターフォローなど、自分がどのサービスに価値を感じ優先順位を置いているかを整理して、会社やプランを選ぶことがポイントになります。

プラン選びに迷ったら、総務省が提供している「携帯電話ポータルサイト」が参考になります。

携帯料金は毎月かかるものなので、見直しをすると家計に大きなメリットになります。しかし、料金優先で自分に合った内容でないと通信に関する生活の質を下げかねません。

会社やプランをよく吟味して、自分にあったプランを選択できるといいですね。

※携帯電話会社各社の情報は、2021年5月30日時点の情報を基に記載しています。

【執筆者プロフィール】
田端 沙織
キッズ・マネー・ステーション認定講師/ファイナンシャル・プランナー

証券・運用会社で10年以上の勤務経験を活かし、FPサテライト(株)所属ファイナンシャルプランナー 兼 金融教育講師として、「正しく・楽しく・分かりやすく」お金のことや資産運用について伝える活動をしています。得意分野は資産運用。2男1女を絶賛子育て中。

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定