ワクチン副反応のリスクを事前にセルフチェックできるWebアプリ公開 職域接種に向けて

0

2021年06月25日 12:05  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真無料公開中の「新型コロナワクチン接種前セルフチェックアプリ」
無料公開中の「新型コロナワクチン接種前セルフチェックアプリ」

 企業や学校単位でのCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチン接種、職域接種に向けて、事前のセルフチェックができる「新型コロナワクチン接種前セルフチェックアプリ」を、AI問診票を手がけるプレシジョンが無料公開しました。



【画像】アプリの画面



 アプリで接種歴やアレルギーの病歴など4つの質問に答えると、急性反応のリスクがあるかどうかが分かります。リスクがある場合、予約の際に接種する医療機関に相談したり、接種後に会場で長めに待機して様子を見たりなど、取るべき対応が表示されます。アプリでのセルフチェック後にはワクチン接種後に注意することや、接種後に現れる可能性のある症状を解説する動画(5分40秒)が視聴できます。



 COVID-19ワクチンは、接種後30分以内で約1〜3%の人にじんましんやアナフィラキシーなどの急性アレルギー反応が起こると報告されています。症状に対応した経験がある医師は少なく、インフルエンザワクチン接種と比べても、安全に対応できる医療従事者の確保が難しい状況だとプレシジョンは述べています。特に医療従事者が少ない医療機関で副反応が発生すると、ワクチン接種がスムーズに行えなくなるという課題を同社は挙げています。



 一方で、ワクチン接種が進むなかで、どのような人が副反応を起こしやすいかが分かりつつあります。アプリは現場での運用を記載した文献などをもとに作られています。



 プレシジョンは、接種希望者が接種会場で回答する医療現場用バージョンのアプリも、企業や大学、自治体、医療機関からの要望があれば無償で提供する意向です。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定