「カナダグース」長年の批判を受けていた毛皮の使用 2022年末までに停止へ

71

2021年06月25日 13:22  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    カナダグース                    Image by: FASHIONSNAP
カナダグース Image by: FASHIONSNAP
 「カナダグース(CANADA GOOSE)」が、2022年末までに毛皮の使用を停止すると発表した。毛皮の購入は2021年末までに終了するという。同ブランドは、主に北米に生息するコヨーテの毛皮をシグネチャーアイテムであるパーカのフードに使用してきた。

 アメリカの動物権利保護団体PETAはカナダグースの毛皮の使用に対して、長年批判を繰り返し、公式サイトなどでボイコットを呼びかけてきた。2017年には同社の株式を取得し、直接的な影響力を拡大。反対運動に対し、カナダグースは動物に配慮した製造に取り組んでいると主張してきたが、使用中止の判断を決めた。
 動物保護に努める非営利団体「Humane Canada」のCEO Barbara Cartwrightは「これは、より人道的で持続可能な世界を構築するための重要な一歩です。カナダグースの決定と業界における彼らのリーダーシップを称賛します」とコメントしている。

このニュースに関するつぶやき

  • 値上がりするな〜天然物(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • つまりコヨーテはこれから毛皮採取目的で狩猟されるのではなく、ただひたすら害獣として駆除され、革も利用することなく棄てることになるのか。救いの欠片もない話だな。
    • イイネ!37
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(44件)

ニュース設定