水野美紀「ついに悪のボスを任されるようになった」 特撮ドラマで異星人の“ラスボス”に

1

2021年06月25日 14:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真特撮ドラマ『超速パラヒーロー ガンディーン』でラスボスを演じる水野美紀(C)NHK
特撮ドラマ『超速パラヒーロー ガンディーン』でラスボスを演じる水野美紀(C)NHK
 俳優の奥野壮が主演を務めるNHK総合の特撮ドラマ『超速パラヒーロー ガンディーン』が、あす26日(後6:05〜 全3回)に放送を迎えるのを前に、主要キャストたちからのコメントが到着した。

【別カット】凶悪オーラを放つラスボス・水野美紀

 本作は“車いすバトル・アクション”で戦う変身ヒーローが登場。パラスポーツと本格特撮が合体したドラマで、障害を抱えながらも大きな夢を持ち、パラ陸上の練習に打ち込む17歳の高校生・森宮大志を奥野、主人公を支えるパラ陸上のコーチを務めるヒロインで元陸上選手の深井京を小芝風花が演じる。

 大志を上回るポジティブ・パパの森宮源を演じるつるの剛士は「『こういうヒーロー、いてもいいよなー』と、実は前から思っていたんですよ。今回、NHKで特撮ドラマになるってことで、どんな風になるのかすごく楽しみでした。ワクワクしながら現場に臨みました。僕は昔ヒーローを演じてたけど、今度はヒーローのお父さん役。いよいよ僕にも父親役が来るんだなーと思ったけど、かつてヒーローを演じた僕だからこそ、にじみ出る何かがあるはず。僕が昔演じていたキャラクターがそのまま大人になって、変身する息子を応援する、みたいな。そういうところが見てくださる方に伝わればいいな、と思ってます」と語った。

 そして、人類根絶を企む最凶の悪女で地球を襲う異星人のラスボス・ラルーを演じる水野美紀は「オファーがあったときは、私もついに悪のボスを任されるようになったんだなと感じました。撮影は、めちゃくちゃ楽しかったです。ラルーの衣装を着たまま、コンビニに行って買い物をしたり、商店街をブラブラして立ち食いそばを食べたいと思いました(笑)」と役にハマる部分もあったという。

 「演じる上では、ボスらしい迫力が出るように、怒る姿が怖かったり、圧があるように心がけました。ただ、通常のドラマの場合は、せりふのやり取りがあって、徐々に感情が増幅されるというお芝居になるのですが、特撮の場合は『よーい、スタート』でマックスで怒っていなくてはならない。そこが難しかったです」と撮影時を振り返った。

このニュースに関するつぶやき

  • パラヒーローと特撮という組み合わせが新鮮。そういえば、うちの美人主治医(ちょっとツンデレ)が小芝風花に似ている�ϡ���ã��ʣ���ϡ��ȡ�
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定