那須正幹さん死去=「ズッコケ三人組」作者、79歳

317

2021年07月22日 18:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真那須正幹さん
那須正幹さん
 児童文学のベストセラー「ズッコケ三人組」シリーズで知られる児童文学作家の那須正幹(なす・まさもと)さんが22日午後2時5分、肺気腫のため山口県防府市の病院で死去した。79歳だった。広島市出身。葬儀は近親者のみで行われる。

 1945年8月6日、広島へ原子爆弾が投下された時、3歳だった那須さんは爆心地から約3キロの自宅で被爆した。その体験を基に「絵で読む広島の原爆」(95年)など反戦や反核、平和をテーマにした作品も多く手掛けた。

 島根農科大(現島根大)卒業後、会社勤務を経て文筆活動に入り、78年にハチベエ、ハカセ、モーちゃんの男の子3人組が活躍する物語「ズッコケ三人組」シリーズを刊行した。

 同シリーズは2004年の50巻まで続き、累計発行部数は児童文学として戦後最大の2500万部に上るベストセラーとなり、映画やテレビドラマ、アニメ作品にもなった。3人が40歳となった「ズッコケ中年三人組」(05年)、50歳を迎えた「ズッコケ熟年三人組」(15年)で完結した。

 05年に「ズッコケ三人組」シリーズで日本児童文学者協会賞特別賞を受賞。07年度から11年度まで同協会会長(定款変更で途中から理事長)を務めた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 昨日の新聞記事を見逃してました。『ズッコケシリーズ』は自分の読書史の冒頭にあります。『財宝調査隊』は今も持っております。残念です。お疲れ様でした。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 「ズッコケ三人組シリーズ」は楽しく読ませて頂きました.御冥福をお祈りします.
    • イイネ!53
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(153件)

ニュース設定