足こぎバイクで廃線跡を走るこのカイカン 気分爽快大満足「大館・小坂鉄道レールバイク」に乗ってきました

2

2021年07月24日 10:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真大館名物「大館・小坂鉄道レールバイク」に乗ってきました!
大館名物「大館・小坂鉄道レールバイク」に乗ってきました!

 子どものころ、電車の運転手に憧れた人は多いのではないでしょうか。筆者もその一人です。



【画像】気分爽快大満足! 乗車時の様子



 そんな夢を叶えるべく以前北海道の「トロッコ王国美深」へ行きましたが、魅力的な施設は日本にはまだいっぱいあります。



 今回は秋田県は大館市へ。名物の「大館・小坂鉄道レールバイク」に乗ってきました!



●廃線跡が、家族で楽しめるワクワクなレールバイク体験施設に



 大館・小坂鉄道レールバイクは、廃線となった貨物専用鉄道「小坂製錬小坂線」を活用したレールバイク体験施設です。



 小坂線は小坂鉄道とも呼ばれ、かつて小坂鉱山の鉱石輸送、鉱山閉山後は主に小坂製錬が製造する濃硫酸を運ぶために活用されていました。2008年に同社が濃硫酸の製造を終えたことで、同年、列車の運行も終了。翌2009年に正式に廃止となりました。1994年まで旅客輸送を行っていたこともあります。



 運営するNPO法人、大館・小坂鉄道レールバイクができたのは2011年のこと。東日本大震災で落ち込んだ地域の観光需要を盛り上げるべく、観光庁の社会実験として廃線跡を活用したイベントを実施したことがきっかけでした。2013年8月に常設化し、誰でも体験できる施設になりました。



 受付と乗り場は雪沢温泉の旅館「清風荘」(大館市雪沢大滝)の目の前。もともと駅などの鉄道用施設があった場所ではありませんが、自然豊かな場所にかわいい事務所があります。



 営業期間は毎年4月中旬から11月中旬。営業時間は9時〜16時。乗りたい時間帯と号車をネットで予約しておくこともできます。



 料金は1〜2人乗り用で2500円/台から。家族で使いやすい3〜4人乗り用(3500円/台)、グループで乗れる6人乗りやトロッコ車両(1200円/人、小学生以下無料)もあります。



 大館・小坂鉄道レールバイクで乗れる「レールバイク」は、簡単にいうとレールの上を走れるようにした自転車です。動力は自身の脚。ペダルを漕いで走ります。



 体力に自信がない人もご安心を。「電動アシスト機能付き」の車両もあります。



 料金には記念写真の撮影費用も含まれています。運転前に撮影タイムがあります。



●いざ出発! いつもとは逆方向へ進む「ダブル鉄橋コース」を体験



 では出発です!



 通常は小坂方面へ進みますが、2021年6、7月の特別運行だった、いつもとは逆方向の大館方面へ進む「ダブル鉄橋コース」を楽しみました。ちょっとレア。走行距離は往復で約4キロ。所要時間は40〜60分です。



 このコースには一般道路と交差する「踏切」もあります。警報器も遮断機もない「第4種踏切」。通常ならば鉄道が優先ですが、廃線となったここではクルマ(道路)が優先。必ず一時停止して左右の安全を確かめて通行しましょう。



 踏切を通過するといよいよ本格的なコースの始まりです。「全速前進!」と心の中でつぶやいて力を込めて加速していきます。



 道路と並走する区間が鉄道っぽいなと思っていたら、急に山中のような景色になってちょっとびっくり。現役当時、実際に使われていた標識や信号もいくつかそのままになっていて、「お! あれは!」などと胸もときめきます。



 この季節は草木が生い茂るので、たまに葉っぱが顔に当たるのはご愛嬌。電動アシストの力を借りながら風を切って走ると実に爽快です。



●た、高ぇ……、幅もギリギリ…… 2つの「鉄橋」がスリル満点ハイライト



 2つ目の踏切を過ぎると「二ノ渡(にのわたり)鉄橋」が見えてきます。



 鉄橋は全長36.2メートル、高さは13.5メートル。手を伸ばせば欄干に届きそうな距離感! スリル満点です。



 新緑の中を1キロほど行くと、2つ目の橋「一ノ渡(いちのわたり)鉄橋」も表れます。こちらは全長36.2メートル、高さは10.3メートルです。



 一ノ渡鉄橋はすぐそばの県道と並走します。たまたま通りがかったクルマからキッズが手を振ってくれました。こちらももちろん応えましょう。



●本物の線路の上を自力で走れる喜び、そして爽快感が心地よすぎ……!



 一ノ渡鉄橋を通過すると「あと100m!」の看板。往路の終点はもうすぐです。



 往路の終点では「転車」の儀式を見るのもお忘れなく。転車台でぐるり。鮮やか!



 まだ半分です。復路はぜひご自身でお楽しみを……!



 やっぱり、本物の線路の上を自力で走れる特別感がたまりません。子どもも家族でも楽しめるので、鉄道ファン、乗りもの好きの家族にぜひとも足を伸ばして体験してもらいたいところ。皆さんもいかがでしょうか?



●大館・小坂鉄道レールバイク



・場所:秋田県大館市雪沢字大滝30-2地内(雪沢温泉「清風荘」前 大館駅、東北自動車道小坂ICからクルマで約15分)



・料金:1〜2人乗り用2500円/台、3〜4人乗り用3500円/台、6人乗り・トロッコ車両1200円/人(小学生以下無料)



・定休日:毎週水・木曜日(2021年8月は毎日運行予定)



・営業時間:8時30分〜16時(トロッコは9時〜16時まで1時間ごとに運行)



・予約:電話/ネット(空きに応じて予約なし現地手続きでも乗車可)



・2021年度運行期間:2021年4月17日〜11月14日(予定)



【訂正 2021年7月26日12時】初出時、鉄橋の長さ、高さなどの表記に誤記がありました。お詫びして訂正いたします


このニュースに関するつぶやき

  • 廃止してしまってもこういう形で残るのは大いにいい
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定