東京にこんな場所があったなんて。東京都美術館の「イサム・ノグチ展」でアートの世界に没入したい…

2

2021年07月24日 10:51  isuta

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

おしゃれなカフェに行って、トレンドの服を買って…。そんな休日の過ごし方も素敵ですが、たまには「美術館めぐり」なんていかがでしょう。

美しいアート作品を見たり、幻想的な空間に身を置いたりすることで、普段とは違う感覚を味わえるはず。

東京都美術館では現在、展覧会「イサム・ノグチ 発見の道」が開催されています。圧倒的なアートの世界に、没入してみませんか?

東京都美術館で「イサム・ノグチ 発見の道」が開催中

@i_tabetai / Instagram

「イサム・ノグチ 発見の道」は、4月24日(土)にスタートした特別展。本来は2020年秋の開催が予定されていましたが、感染症拡大のため延期され、今年の春に開催されることになりました。

@miilog23 / Instagram

イサム・ノグチとは、日本人の父と米国人の母の間に生まれた、20世紀を代表するアーティスト。

20代で彫刻家 コンスタンティン・ブランクーシと出会い、彼の影響を受け、“自然と通底する抽象のフォルムが生み出す世界”を生涯追い続けたと言います。

同展のタイトルは、そんな彼の晩年の作品『発見の道』から取られたもの。さまざまな作品で彼の軌跡をたどりつつ、ノグチ芸術のエッセンスに迫った展覧会です。特色ある3つの展示空間で構成されており、彼の彫刻芸術をたっぷり鑑賞できますよ。  

およそ90点の「イサム・ノグチ」作品が集結

@i_tabetai / Instagram

「イサム・ノグチ 発見の道」には、国内外の多数の大型作品をはじめ、およそ90件の作品が集結。

決まった形にとらわれることなく、多くの「発見」をくり返しながら「彫刻とは何か」を追求した、彼の軌跡をたどることができます。

@miilog23 / Instagram

「アート作品は難しそう」「初心者でも楽しめるかな…」という人には、サウンドツアーがおすすめ。

人気バンド「サカナクション」の山口一郎さんが、音楽というこれまでにない視点からイサム・ノグチを紐解く、サウンドツアー「イサム・ノグチと音楽」が提供されています。

イサム・ノグチの辿った足跡をもとに、山口さんが楽曲リストを選び出し、完成した展示空間に合わせて独自に編成しているのだとか。

音楽を中心としたサウンドツアーを聴きながら鑑賞したら、新しい楽しみ方ができるかもしれませんよ。

あかりのインスタレーションは必見

@i_tabetai / Instagram

そして、特に今SNSで注目されているのが、光の彫刻「あかり」を150灯も用いたインスタレーション。

@s_k__tn / Instagram

提灯にヒントを得たという「あかり」は、どこかあたたかくて優しい印象。“イサム・ノグチ空間”を体感できる、幻想的な展示に圧倒されそうです。

展覧会は8月29日(日)まで

当日の入場枠も用意されているものの、枚数に限りがあるとのこと。足を運ぶ際は、オンラインでの事前予約・購入がおすすめですよ。

たまにはいつもとは違う、アートに触れる休日を過ごしてみては。

展覧会名:イサム・ノグチ 発見の道 住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36 会期:4月24日(土)〜8月29日(日) 休室日:月曜日※7月26日(月)、8月2日(月)、8月9日(月・休)は開室 開室時間:9:30〜17:30(入室は閉室の30分前まで) 観覧料:一般 1900円 / 大学生・専門学校生 1300円 公式サイトはこちらから

このニュースに関するつぶやき

  • 最近、アートとはなんぞや?という根本的な問題で行き詰まっている感があったりする。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定