男子卓球エース・張本智和に「チョレイ」禁止令?リズムに乗り切れない恐れも

3

2021年07月24日 13:25  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真張本智和選手(c)朝日新聞社
張本智和選手(c)朝日新聞社
 東京五輪の卓球で新型コロナウイルスの対策ルールとして、「手で卓球台を拭かない」、「(ボールや手に)息を吹きかけない」が適用される。

【写真】「居酒屋のユニホーム」と酷評された東京五輪表彰式の衣装はこちら

 このルールに戸惑いを隠せないのは選手たちだ。中国のスポーツメディア・新浪体育など複数のメディアによると、この感染防止対策を適用したルール下で中国代表が練習試合を実施したところ、16年リオデジャネイロ五輪の男子シングルス金メダリストで、今大会2連覇を狙う中国の馬龍が苦戦。シングルス1試合、ダブルス1試合で台を手で拭き、計2枚のイエローカードを受けたという。

 スポーツ紙の卓球担当記者はこう予測する。

「多くの選手は卓球を始めた幼少期から手で卓球台を拭いたり、手に息を吹きかけるのがルーティンになっている。これらが禁止になると、リズムが狂って集中力が削がれたり、ストレスを感じると思います。五輪で番狂わせが起こる可能性も十分にあります」

 このルール適用に対して賛否両論の声があるが、他にもコロナ感染防止の観点から、試合中に自粛を求められる可能性があるのが、「叫ぶ行為」だ。世界ランキング2位の張本智和は得点を取る度に「チョレイ」と叫ぶことで有名だ。勝負所で点を取った際は、絶叫に近い大声になる。

「張本は自分を鼓舞するために叫んでいるが、コロナ禍で神経質になっているので審判も自粛を促すことはあり得る。相手の選手からクレームが来ることも想定し、『チョレイ』を封印して戦うことも考えなければいけないと思います。ただ張本の中では調子を上げるリズムのようになっているので、フラストレーションはたまるかもしれませんが…」(前出のスポーツ紙記者)

 昨年1月に開催された全日本選手権では、この懸念が奇しくも的中する形になってしまった。張本は男子シングルス準々決勝で及川瑞基に1−4で完敗した。前日に3試合戦った上、1時間17分と長丁場のフルゲームだったためスタミナが切れてしまったのだ。

 ただ、感染防止対策で、試合中に大声を上げられないことも敗因の1つだった。前日は自制していたが、それでも得点した際に無意識に声を上げると、審判から注意を受けた。及川と対戦した試合は声を出すことを自重したところ、躍動感が失われてリズムに乗り切れなかった。

 張本の実力は申し分ない。唯一無二の高速バックハンドを武器にチキータからの展開も得意とする。ただ技術だけを磨けば勝てるほど五輪は甘くない。まだ17歳と発展途上で、試合によって好不調の波もある。モチベーションを上げるためにも、「チョレイ」は心の拠り所だっただろう。ただ、注意されるリスクを考えると別の方法も考えなければいけない。

「元巨人の桑田真澄さんは現役時代にマウンドでつぶやくことで集中力を高めていました。日米で活躍したイチローさんの打席に入る前のルーティンや、元日本代表の五郎丸歩さんのペナルティーキック前のルーティンも心を整える所作の一つです。試合中なので長い時間は取れませんが、張本選手は参考になるのではないでしょうか」(スポーツ紙デスク)

 五輪で男子卓球史上初の金メダル獲得が期待される張本。「チョレイ封印」でも輝いている姿を見せてほしい。(安西憲春)

このニュースに関するつぶやき

  • ルーティンなんだろうけど、それで勝てないならその程度の選手って事。でも、頑張れ! https://mixi.at/abGq939
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定