愛する妹に「24時間後に死ぬ呪い」をかけた兄 恐ろしい死神との契約から始まる漫画がやさしい世界

5

2021年07月24日 20:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「24時間後に死ぬ呪い」
「24時間後に死ぬ呪い」

 自分の寿命を代償に恐ろしい死神を呼び出した男。彼が殺したい相手とは……? 重々しい契約から始まる漫画が、まさかの展開を迎え話題です。作者はいぬころすけさん。



【漫画を読む】愛する妹に呪いをかけた兄、その真意は



 「私の呪いをうけた者は必ず24時間後に死ぬ」「お前はこの死神の呪いで誰を殺したい?」――。巨大な体に黒い翼、動物のような頭蓋骨から6つの目が覗く異形の死神は、自分を召喚した男性にそう尋ねます。



 すると男性は身の上を語り始めました。彼には仲の良い妹がいること。妹はすでに結婚して家を出て行ったこと。しかし夫はほとんど家にいられないほど忙しく、妹は寂しい思いをしていること。



 それを聞いた死神は「では呪いたい相手は妹を奪ったその夫とやらでよいのだな」と推察します。しかし……



 男が呪ってほしい相手は「妹」でした。彼が死神を召喚した場所は病院の一室。妹は交通事故で重体となり、海外出張中の夫が帰ってくるまで生きていられるかも分からない状態にありました。



 死神の契約は「必ず24時間後に死ぬ呪い」。逆に考えれば24時間は必ず生きていられることになります。そう、男は死の運命から逃れられない妹を少しでも延命させるために死神を頼ったのです。



 対する死神の返事はというと……。1ページ目からは想像もつかないハッピーエンドに、Twitterでは「やさしい世界」「死神のおっちゃん好き!」と明るい感想が寄せられています。



 作者は漫画家のいぬころすけさん。何でもありの究極じゃんけんバトル漫画『アルティメットジャンケン』全2巻が発売中です。



同作はwebマガジン「comic gift」に掲載されたものです。



作品提供:いぬころすけさん/comic gift


このニュースに関するつぶやき

  • 24時間とういう延命、、、 それだけで感動、、、
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • とんちが利いてますね。『ヘルボーイ』思い出した。主人公は魔女から契約の担保に眼球を要求されるが爐い牒瓩箸鰐鸞しなかったため「俺が死んだらくりぬいて持っていっていいぞ」
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

オススメゲーム

ニュース設定