ロッテ、チーム先発防御率「4.41」必要になってくるベテランの力

5

2021年07月25日 11:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ロッテ・美馬学
ロッテ・美馬学
◆ チーム先発防御率は「4.41」

 首位・オリックスと2.5ゲーム差の3位で前半戦を終えたロッテ。昨季は貧打に泣いた打線は12球団トップの384得点を誇り、リリーフ陣のチーム防御率も5月以降は2.78と安定した。後半戦、さらに白星を積み上げるためにも、チーム先発防御率「4.41」をどう立て直していくがカギとなってくる。

 昨季リーグトップの133回1/3を投げた石川歩、チーム最多の10勝をマークした美馬学は今季もエース格として期待されたが、石川は6月に右肘関節クリーニング手術を行い、美馬も交流戦で2試合連続2桁失点を喫し6月13日に一軍登録抹消となった。

 石川、美馬といった“2本柱”が不在となった中で、前半戦エース級の働きを見せたのが岩下大輝だ。岩下はストレート、ストライクゾーンからボールゾーンへ落ちる落差の大きいフォーク、早いカウントのときにストライクゾーンに投げるフォーク、スライダー、時折投げるカーブを武器にチーム最多の8勝をマークし、交流戦明け最初の試合となった6月18日の西武戦では、先発を託された。

 美馬が一軍登録抹消されたあとは、開幕から先発ローテーションで投げていた岩下、二木康太、小島和哉をはじめ、中村稔弥、本前郁也、鈴木昭汰、河村説人、佐々木朗希といった若手が先発した。


◆ パ・リーグ相手では好投

 実績のあるベテランが不在のなかで、前半戦は若手先発陣が頑張ったが、今季はリーグ優勝を争っており、経験、実績、勝ち方を知っているベテランの力はシーズン終盤より必要になってくる。そういった意味でも、後半戦に向けて2試合連続2桁失点で一軍登録抹消された美馬の復調はカギを握りそうだ。

 交流戦では悔しい投球となった美馬だが、パ・リーグ相手では今季も粘り強い投球を見せてきた印象。4月24日のソフトバンク戦では5回途中6失点で降板したが、そのほかの8試合は5イニング以上を投げ、5月8日のオリックス戦からは3試合連続で7イニング以上を投げた。今季の防御率は6.02だが、パ・リーグだけの今季成績となると2勝2敗、防御率3.51だ。

 勝ち星はつかなかったが、田中将大と投げ合った5月22日の楽天戦では、初回一死走者なしから鈴木大地にレフト前に運ばれた後、続く浅村栄斗を外角のスライダーで遊併に仕留めれば、1−0の6回には浅村に犠飛を打たれた後、島内宏明に四球を与え一死一、二塁も岡島豪郎を空振り三振、内田靖人を遊飛と最少失点で切り抜けるあたりはさすがベテランの味だ。

 昨季の美馬を見ていて、“少ない球数でテンポ良く抑えていく”ことに加え、立ち上がりに失点しても、試合を壊さずに尻上がりに調子を上げていき、気がつけばクオリティ・スタート(6回3自責点以内)をクリアするところに凄さを感じた。ただ交流戦では6月12日の巨人戦、初回に3点を失った後、2回は三者凡退に抑え、ここから試合を立て直していくのかなと思ったところ、3回に一気に大量失点を食らった。

 この登板を最後に一軍での登板はないが、このままでは終わらないはずだ。昨季はチームが苦しいときに、何度もそのピンチを救ってくれた。チームが3位に後退し、クライマックスシリーズ進出へ絶対に負けられない11月5日のソフトバンク戦で8回途中1失点に抑え、勝利に導いたのを今でも覚えている。今年こそ歓喜の瞬間を迎えるため、美馬の力は必要だ。

文=岩下雄太

このニュースに関するつぶやき

  • ベテランの力?二軍から若手をどんどん上げて活性化させる方がはるかにマシだわ。美馬には懲罰投球させる馬鹿監督とコーチがベテラン生かせる訳がない。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ベテランの力?二軍から若手をどんどん上げて活性化させる方がはるかにマシだわ。美馬には懲罰投球させる馬鹿監督とコーチがベテラン生かせる訳がない。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定