【東京五輪】競泳女子400メートル個人メドレー・大橋悠依が金メダル「まだ夢みたい」 仲間の声援が力に

2

2021年07月25日 11:36  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真大橋悠依 (C)ORICON NewS inc.
大橋悠依 (C)ORICON NewS inc.
 【東京五輪/競泳女子400メートル個人メドレー決勝/結果:金メダル】(25日、東京アクアティクスセンター)

【写真】日本の金メダル第1号!険しい表情で技を決める高藤直寿

 大橋悠依(25)が競泳女子400メートル個人メドレー決勝に出場し、4分32秒08で金メダルを獲得した。

 直後のインタビューでは「不安もあったんですけど、とにかく自分のレースをしようと思って自分を信じて泳ぎました」と頬を濡らした。「自分が金メダルを獲とれるなんて本当に思ってなかった。ここに来るまでいろんなことがあった。チャレンジさせてもらえて感謝していますし、ここで自分が力を出し切れるようにいろんな方が支えてくれたので本当に感謝してます」と謝意を表した。

 「タイムも日本新出して以来の速いタイム。朝のこの時間にこのタイムで泳げて、やってきたことは間違ってなかったんだなと思いましたし、楽しいレースができた」とにっこり。レースでは仲間の声が力になった。「本当にチームに支えられているなと思った。みんなが応援に来てくれたので、すごい力が出せました」と語った。

 まだ実感がないようで「まだ夢みたいなんですけど、泳いでてすごい楽しかった。自分が水泳をやってる全てだなと思う」と満面の笑みを浮かべた。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定