友人の紹介だったけど…女性たちが経験した“最低な”紹介案件 #1「ちょっとどころか…」

3

2021年07月25日 12:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
彼氏がほしいなと思ったとき、信頼できる友人に紹介をお願いするのもひとつの手段。

【実録】アラフォーで出会って結婚した女性たち #1「ある記事を“実践”したら…」

間に友人が入っていれば「おかしなことにはならないだろう」という安心感がありますが、紹介された人が本当にいい人かどうかは、実際に接してみないとわかりません。

今回は、「まさかこんな人が!」と女性が感じた“最低な”紹介案件について、実録でご紹介します。

「仕事に没頭しすぎて3年ほど彼氏がおらず、焦りだしたときに友人の紹介を考えました。

ちょうど取引先で仲のいい女性が『彼女がほしいって言う男友達がいるんだけど』と話すのを聞いて、私が立候補した感じです。

その女性から私のことを伝えてもらい、また相手の男性の勤め先や住所、彼女がいない年数なども教えてもらいました。

お互いに『会ってみたい』という話になり、さっそくその週末に約束したのですが、待ち合わせのカフェに現れたのは、女性から聞いていた容姿とは違う、でっぷり太って髪の薄い男性でした……。

『“ちょっとぽっちゃり”じゃなかった!? 髪の毛は薄いほうだけどおかしくないよって言ってなかった!?』と衝撃で胸がいっぱいで、正直ほとんど顔を見ずに終わりました……。

でも、聞いていたとおり優しそうで私に対する気遣いもあって、その女性にとっては『堂々とあなたに紹介できる男性』なのだと感じました。

それはわかるけれど、やっぱり外見は無視できないし、想像と違っていたことは大きなダメージです……。

友人の紹介はたしかに安心感があるけど、“その人のフィルターを通した目で伝えられる“ことがよくわかりました」(33歳/営業)

紹介してくれる友人にとっては「いい人」でも、こちらも同じように感じるかどうかは別ですよね。

容姿や外見は、聞いていた話と悪い開きがあるほどショックは大きく、好意を持ちづらくなります。

紹介は会う前に相手の情報がある程度入るからこそ、こんなギャップには気をつけたいですね。

このニュースに関するつぶやき

  • 貴女に釣り合うくらいの人を紹介してもらったんでは?自己肯定感高すぎやん。いったい何様!���ä���外見優先では今後、結婚に苦労しそう・・。ホンマ、間に入ってくれた人の苦労をねぎらいたいですわ。
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定