髪の毛がパサパサしすぎてまとまらない……みんなはどんなヘアケアをしているの?

2

2021年07月25日 15:11  ママスタジアム

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

毎日ケアをしていても、なかなか自分が期待するような効果が出てこないこともありますよね? 例えば髪の毛、毎日ケアをしているにもかかわらずパサついてしてしまい、なかなかまとまらないこともあるでしょう。ママスタコミュニティに投稿をくれたあるママも、このような悩みをもつ1人のようです。
『髪の毛がパサパサしてまとまりません。縮毛矯正をしているからか、特に毛先がパサパサ。髪の毛がパサパサなだけで老けて見えるよね……。夜は洗い流さないトリートメントをして、朝はヘアオイルをつけてしっとりさせている。どうすれば、パサパサが改善する?』
髪の毛の痛みが全体的にあり、特に毛先のダメージが大きい投稿者さん。夜はトリートメント、朝にはヘアオイルをつけているようなのですが、それでも思うように髪の毛ががまとまらないとのこと。ヘアケアは毎日のことなので、痛んだ髪を見るとなんだか気持ちが沈んでしまうこともありますよね? どうにか髪の毛がうまくまとまるようにしたいそうですが、他のママたちはどのようにヘアケアをしているでしょうか?

他のママたちはどんなケアをしている?

『ある程度タオルドライをしてヘアミルク→髪を乾かす→冷風→ヘアオイルの順で毎日ケアをしているけれど、私はサラサラになるよ』
『洗い流さないトリートメント、私にはあっていたよ』
『友達から寝るときにかぶるヘアケアのキャップを勧められて買った。なかなかいいよ』
投稿者さんと同じく他のママたちも、ヘアケア用品を駆使している人が多いようです。なかにはヘアケアするために、専用キャップをして寝ているママもいました。今はさまざまなアイテムがたくさん販売されているので、試しながら自分にあったものをさがしていくのも楽しさがあるのかもしれませんね。

髪の毛のパサつき改善に何をしたらいい?



美容院のケア用品を使う

『お金をかけられるなら、サロンで使っている成分重視のトリートメントにしたらいい』
『美容室専売品のシャンプー、トリートメント、オイル使ったら良くなるかも』
『美容院でトリートメントしてもらうと、やっぱり違うと思うよ』
現在投稿者さんは、市販のヘアケア用品を使っています。そこでママたちからは、美容院のケア用品を使うアドバイスが寄せられました。トリートメントひとつにしても、美容院と市販のものでは価格に大きな差があります。慎重に選ぶことが大切だと思いますが、髪に対しての新たなアプローチとして考えてみるのもありなのかもしれませんね。

ヘアアイロンを使う

『高いけれどヘアアイロンはすごくいいよ。普通はヘアアイロンを使い続けるとパサついて広がるのに、通すだけでしっとりまとまってツヤツヤになるから不思議』
『見栄えだけなら専門のヘアアイロンが手っ取り早いと思う』
寝癖を直したり、ヘアアレンジのために使われるヘアアイロン。熱を加えてまっすぐにできるためまとまりが出てきますし、ツヤ感を出せるものもあるようです。いい機能であればあるほど少し値が張るのでしょうけれど、自宅で簡単にケアができ、何回も使うことによってコスパも良くなってきます。髪のダメージの改善になるのかはわかりませんが、簡単に髪をまとめられるという意味で活用するのも良さそうですね。

思い切って傷んでいる部分をカットする


『バッサリ切って整えるのも人生の起点かもよ』
『思い切って、傷んでいる髪の毛を切る』
投稿者さんの場合、特に毛先のパサつきに悩んでいます。そのため「いっそのことそこを思い切ってカットしては?」という案もありました。筆者の知人でも枝毛のパサつきが手に負えず、ショートヘアにしている人がいました。「傷んでいる部分がなくなったから、髪の毛を触ったときになんだか嬉しくなる」と嬉しそうに話していました。

専門的なことは専門家に相談してみるのが一番いいのでは?

『美容室のおすすめがいいよ。美容室に行ったときに相談してみては?』
市販のヘアケア用品は手軽に購入することができます。それをひとつひとつ試してベストなものを見つける楽しさもありますが、投稿者さんのように目に見える結果がほしい場合には、ひとまず専門家に相談するのが1番いいのかもしれません。きっと美容師さんであれば専門的な知識があるでしょうし、納得した理由も聞けるはず。それに髪の毛の状態を見て最善の方法提案してくれることもありそうです。

きっと髪の毛に関して専門家でない身で判断するよりも安心できそうですし、効果も出やすいのではないかと思います。次回美容院に行ったときに美容師さんに相談をしてみると、また新しい髪へのアプローチが見つかるのかもしれませんね。

文・こもも 編集・古川純奈 イラスト・松本うち

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定