スケボー金メダルの堀米雄斗、SNSで「好青年!」と話題でブーム到来の兆し

0

2021年07月25日 15:35  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真金メダルを獲得した堀米雄斗(GettyImages)
金メダルを獲得した堀米雄斗(GettyImages)
 東京五輪でスケートボードを初めて見た人も多いのではないだろうか。競技が始まると、SNSでは「見ていたら夢中になった」、「この競技は面白い」と視聴者から多くの反響が集まった。

【写真】美しい筋肉、私服ファッション、着物姿まで…大谷翔平お宝写真ギャラリーはこちら

 手すりや階段など街中をイメージしたコースに、ジャンプや回転などを行うストリートは、各45秒間を2回滑る「ラン」と、1カ所を選び大技を5回繰り出す「ベストトリック」で40点満点で競う。東京五輪の会場・有明アーバンスポーツパークで同種目初の金メダルに輝いたのは、地元の江東区で生まれ育った堀米雄斗(22)だった。

 堀米は6位で予選を突破すると、決勝の「ラン」で2.22点差の4位に。首をかしげて納得いかない表情だったが、集中力を最大限に高めた「ベストトリック」で圧巻のパフォーマンスを見せる。難易度の高い技を出し、3回目に9.35で暫定2位に。4回目に9.50で首位に立つと勢いは止まらない。5回目も9.30と高得点をそろえ、頂点に輝いた。高度な技術はもちろんだが、周囲が重圧で失敗する中、見事にトリックを決める強靭な精神力は見事だった。

 視聴者の心をつかんだのが、金メダルを獲得した堀米のインタビューだった。

「シンプルなんですけど、本当に凄いうれしいです。地元江東区で生まれて、ずっとスケボーだけして五輪が4年前に決まって…最初は4年後が遠すぎて、出られるか分からなかったですけど、自分のやっていることを積み重ねていくうちに五輪が近づいてきて、本当に今日この五輪の場所に立ててうれしいです。決勝に残っているメンバーは世界のトップスケーターたちが集まっていたので、自分の出来る事の限りをしようと思ったんですけど、ランでは(ゲーム)メイクできなくて心の中では焦ったんですけど、あきらめていなかったのでベストトリックで切り替えられたのがうれしかったです」

 堀米は物腰の柔らかい穏やかな口調で、己を誇示することもない。インタビュー直後にブラジルの選手に祝福されると、抱擁を交わして「Thank you,so much.you too」と健闘をたたえ合った。

 SNS、ネット上では、「堀米選手、金メダルおめでとうございます!ボード系の選手は見た目や言動が個人的に受け入れにくいことが多いのですが…何たる好青年!冷静かつ、他人に対して失礼な振る舞いも全くなく、全く興味がない種目でしたが思わず応援してしまいました!ただただ、素敵でした!本当におめでとうございます!(原文ママ)」「インタビューは好青年で爽やかで日本人らしい。これは人気出るな。スケボーの見る目も変わるかも(原文ママ)」など大きな反響が。
 
 米国在住のスポーツ記者は、堀米の米国での人気を「いま米国で人気急上昇のアスリートといえば、メジャーリーグの大谷翔平ですが、スケボー界の堀米は大谷級の人気があります」と語る。

 スポーツ紙の遊軍記者は堀米についてこう語る。

「日本ではスケートボードがまだまだマイナーなので、堀米の名が知られていませんが、18年に世界最高峰のストリートリーグで日本人初優勝を飾るなど世界ランキング2位の実力者で、米国ではトップスケーターとして人気の選手です。高校卒業後に渡米して異国の地で苦労もあったと思いますが、心の芯が強く常に上を目指す。表に出たがるタイプではなく、謙虚で誰に対しても丁寧に接するので、米国のファンからはその人柄も愛されています。今回の金メダルで堀米の魅力、スケートボードの魅力を感じた人は多いのではないでしょうか。スケボーは日本で『迷惑行為』、『危険』などマイナスイメージが多いですが、見る目が変わって競技としてブームになる可能性が十分にあると思います」

 東京五輪で金メダル。スケートボードに新たな歴史を刻んだ堀米の偉業は今後も語り継がれるだろう。(安西憲春)

    ニュース設定