東京五輪の聖火、夜の模様公開 観覧自粛を呼びかけ

59

2021年07月25日 20:23  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真「夢の大橋」に設置された聖火台に灯る聖火 (C)ORICON NewS inc.
「夢の大橋」に設置された聖火台に灯る聖火 (C)ORICON NewS inc.
 東京オリンピックの開会式が23日、東京・国立競技場で行われ、女子テニスの大坂なおみ選手が最終点火者を務めた。25日には、お台場と有明にかかる「夢の大橋」に設置された聖火台へと移された聖火の夜の模様が公開された。

【昼の模様】夢の大橋に設置された聖火台

 聖火台の直径は約1.2メートル、高さは0.9メートルで、重さは200キロ。炎を出すバーナーの直径は約40センチで、大会期間中は常に聖火を灯し続けることから、長期間の連続燃焼に適した「液体水素」を使用している。

 当時、東京2020大会の開閉会式の演出企画チームを統括していた野村萬斎のコンセプトに基づいて、佐藤オオキ氏が具体的なデザインの製作を担当。モチーフは「太陽」で、開会式で球体が花のように開くことで生命力や希望を表した、最終的な形状と同じものとしている。

 大会組織委員会は、密を避けるために観覧自粛を呼びかけているが、この日もスマホを持った見物人が集まっていた。聖火台は、オリンピック期間の24日から8月8日、パラリンピック期間の8月25日から9月5日まで点灯される予定となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • 怒らないでくださいね 最初から置かなければいいじゃないですか
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いくら自粛を呼びかけても、そりゃあ、見物人が集まるだろう。
    • イイネ!26
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(40件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定