秋元康が手掛けるドラマ「漂着者」がスタート 1話から謎だらけの展開に「あな番みたいに考察しがいがあるかも」

10

2021年07月25日 21:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真新谷詠美役の白石さんと謎の男役の斎藤さん(画像は「漂着者」Instagramから)
新谷詠美役の白石さんと謎の男役の斎藤さん(画像は「漂着者」Instagramから)

 ドラマ「漂着者」(テレビ朝日系)が7月23日にスタート。第1話では主人公である謎の男(斎藤工さん)が新潟の海岸に漂着し、彼を巡ってさまざまな謎や事件が発生。白石麻衣さん演じる新聞記者の新谷詠美は彼の正体を探るため奔走します。



【その他の画像】



 ※以下、ネタバレあり



 海岸に全裸で漂着し、女子高校生3人に助けられた謎の男(斎藤さん)。彼は病院に緊急搬送され検査したところ、記憶喪失の可能性があると診断されます。身元が分かるものは所持しておらず、唯一本人を示す手掛かりは足首にあるタトゥーだけ。担当医の国原栄一(船越英一郎さん)が、何か思い出したことがあればメモを取るようにと伝えると、男は頭に思い浮かんだままを文字や絵でノートに描いていきます。一方で、彼を助けた女子高校生たちは彼を見つけた際に撮影した動画をSNSに投稿。すると、「イケメン全裸漂着者」として話題になります。そして、彼は動画で口にした言葉から「ヘミングウェイ」と名付けられます。



 時を同じくして、県内では女児が失踪する事件が発生。それまでの半年間に発生した「連続幼女殺人事件」との関連が疑われ世間を騒がせます。新聞記者の新谷詠美(白石さん)は事件を追っており、ついに女児が発見されます。女児が発見された場所は、謎の男・ヘミングウェイがノートに描いた風景と酷似していたため、ネットでは彼が予知能力を持っているのではないかと大騒ぎになります。



 さらに、ラストではヘミングウェイの正体を知っていると思わしき初老の男性が登場しますが、彼は首吊り死体となって発見されてしまいます。ドラマを視聴していた人からは、「2話が待ちきれない……」と次週を楽しみにする声とともに、秋元さんが手掛けたミステリー・サスペンスドラマ「あなたの番です」を思い出しながら「これあな番みたいに考察しがいがあるかも」「また考察ブームが起きそうな予感」と沸き立つ声も見られました。



【クイズDEドラマ】



7月期のドラマから毎話クイズを出題。問題は初級から上級まで全部で3問あるので、放送を思い出しながらチャレンジしてみてください。



●問題:斎藤工さん演じるヘミングウェイが、拡散された動画で言っていた言葉は?



A:誰がために鐘は鳴る



B:勝者には何もやるな



C:日はまた昇る





























●答え B:勝者には何もやるな



海岸に全裸で漂着したヘミングウェイ。倒れている彼に気付いた女子高校生が「大丈夫ですか?」と声をかけると、目を開いて上半身を起こし「勝者には何もやるな」という言葉を口にしました。


このニュースに関するつぶやき

  • 真剣に観ちゃいました����ʴ򤷤�����ただ3人の女子高生がうざい・・・苦手ないタイプの3人だわ������
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • ドラゴンボールが7つ揃ったら神龍に秋豚をこの世から消すことを願う自信ある。
    • イイネ!5
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定