人間を食ったらオレは…… 「意識を残したままゾンビになった男」の漫画 彼だけがそうなった理由とは?

2

2021年07月25日 21:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「サワナベ・ゾンビ」
「サワナベ・ゾンビ」

 ゾンビモノのお約束として「ゾンビは感染症のようなもので、人間はかまれると感染しゾンビ化する。人間はゾンビになると死亡し、生前の記憶と理性を失い、食欲から人を襲い食い殺す」というものがあります。



【漫画を読む】



 今回ご紹介する作品は、そのお約束をいくつか破っているゾンビ漫画なのですが……それが作品の面白さを際立たせています。作者は漫画家の鶴川かきおさんです。



 突如現れたゾンビによって、文明社会が崩壊した日本。主人公のサワナベは、そのような世界において半年以上、なんとか生き延びていたのですが……とうとうゾンビにかまれてしまったのです。



 人間としての生を終え、ゾンビとして蘇ったサワナベでしたが……どうにも具合が悪いようです。肉体は完全にゾンビ化しているのですが、人間としての意識が残っており、記憶も思考能力もそのまま。なのに人間の言葉がしゃべれない……という、実に奇妙な存在となっていました。



 何はともあれ、今のサワナベはゾンビです。腹の底から来る欲望……人間の肉が食べたいという耐え難い食欲にかられ、隠れ住んでいたアパートの外へと飛び出していきました。



 しばらく外をうろついたところ、サワナベは遠くに獲物を見つけました。ですが死後硬直のせいか、サワナベはのろのろとしか動けません。



 凄惨(せいさん)な争奪戦に追いつき、なんとか肉片を奪い取ったサワナベでしたが……手にしたそれ(おそらく男性器……)を見て「人間としての尊厳が」とためらいます。ですが直後に「俺はもう人間ではない」と思い直し、人肉を喰らうという行為をあっさり受け入れるのでした。



 そしてサワナベは思います。人肉をもっと食べたいが、この辺りに人間はいなさそう、ゾンビといえば人が集まるあそこへ行くべきだと。サワナベはショッピングモールを目指します。



 さまざまに思いを巡らせつつ、ショッピングモールを目指し進むサワナベ。日もすっかり暮れたころ、道中にて昼間に食べそこねた女性を見つけるのですが、なぜか食欲が湧かず……。彼女は「感染」していました。



 二人組の男にだまされて、囮として放り出され……死ぬ前に仕返しがしたかった、と嘆く女性。それを聞いたサワナベは彼女を抱き上げ、男たちも向かったであろうショッピングモールへと、再び歩みを進めるのでした。



 ところでゾンビになったサワナベは、世界が壊れる直前の出来事……ミオという後輩の女の子のことを幾度となく思い出しています。その中でサワナベは「飲み会なんて行かなきゃよかった」「あのときに帰らせりゃよかった」とつぶいており、何やら後悔の念を抱いているのですが……。



 サワナベはなぜ「人間の意識を保ったゾンビ」になったのか。幾度となく思い出していた女の子、ミオに一体何が起きたのか。女性と向かったショッピングモールで、サワナベは何をしようというのか……。気になる物語と結末は、作品を読み進めてお確かめください。なお、この漫画は英語版も公開されています。


このニュースに関するつぶやき

  • 自民党が絶滅してくれるなら、安倍晋三、麻生太郎、菅義偉の死肉を食べてもいい。
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 「意識を残したままゾンビになった男」?! 新しい表現ですね!?
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定