日本、2連勝で決勝T進出に王手! 久保建英が2戦連発…強豪メキシコ撃破

189

2021年07月25日 21:58  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真日本とメキシコが対戦した [写真]=Getty Images
日本とメキシコが対戦した [写真]=Getty Images
 東京オリンピック男子サッカー競技一次ラウンド・グループA第2節が25日に行われ、U−24日本代表とU−24メキシコ代表が対戦した。

 ともに白星スタートとなったチーム同士の対戦。日本は1−0で勝利したU−24南アフリカ代表戦から1枚のスタメン変更にとどめ、三好康児に代わって相馬勇紀が先発に名を連ねた。一方、メキシコは4−1で勝利したU−24フランス代表戦と同じ先発11人で試合に臨んだ。

 日本は6分に幸先よく先制する。酒井宏樹が右サイド前方のスペースにスルーパスを通すと、反応した堂安律はマイナス方向にグラウンダーで折り返す。最後は飛び込んだ久保建英が左足で合わせて押し込んだ。久保はオリンピックで2試合連続得点を挙げた史上3人目の日本代表選手となり、5分55秒での得点は日本代表の五輪史上最速ゴールとなった。

 すると11分、相馬勇紀がペナルティエリア内で倒され、主審のオンフィールドレビューによって日本がPKを獲得。キッカーを担当した堂安律は真ん中に突き刺し、日本が早々にリードを広げる。

 メキシコは17分、左からのクロスを収めたエンリ・マルティンが振り向きざまにシュートを放つが、GK谷晃生に正面でキャッチされる。30分にはセバスティアン・コルドバがペナルティエリアの手前から左足でゴール左上を狙うが、枠を捉えられない。日本は集中した守りでメキシコの反撃を封じ、2−0のリードで折り返した。

 後半に入って耐える時間が続く日本は、63分に連係ミスから危ない場面を迎える。相手のロングボールを中山雄太が弾き返すと、相手に当たってゴール前にこぼれる。このボールの処理を板倉滉が躊躇していると、後ろから相手に奪われかけたが、オフサイドの判定で難を逃れた。

 メキシコは68分、ペナルティエリアの手前で堂安を倒したホハン・バスケスが一発レッドカードで退場。日本は数的有利で残り時間を戦うことになった。

 86分に日本は1点を返される。メキシコは右サイドの深い位置でフリーキックを獲得すると、キッカーのロベルト・アルバルドは左足でゴールに向かうボールを供給。そのまま中央を通過したボールに谷は反応しきれず、ボールはゴール左下に吸い込まれた。

 1点を追うメキシコは猛攻を仕掛ける。後半アディショナルタイム3分にはフリーキックからチャンスを迎えるが、ヘディングシュートは谷の好セーブに阻まれた。

 日本は逃げ切りに成功して2−1で勝利。2連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。次節は28日に行われ、日本はフランスと、メキシコは南アフリカと対戦する。

【スコア】
U−24日本代表 2−1 U−24メキシコ代表

【得点者】
1−0 6分 久保建英(日本)
2−0 12分 堂安律(日本)
2−1 86分 ロベルト・アルバルド(メキシコ)

【スターティングメンバー】
日本(4−2−3−1)
谷晃生;酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太;遠藤航、田中碧;堂安律(80分 三笘薫)、久保建英、相馬勇紀(65分 前田大然);林大地(80分 上田綺世)

このニュースに関するつぶやき

  • この勢いで決勝にいって欲しい
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この勝利はでかいですね!正直、勝てるとは思わなかったよ。フランス戦も勝利して一位突破で決勝トーナメントを迎えたいですね(*´∀`)
    • イイネ!66
    • コメント 14件

つぶやき一覧へ(108件)

ニュース設定