「後半の戦い方は少し課題」も…遠藤航、メキシコに逃げ切り成功を評価

0

2021年07月25日 23:10  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真勝利に貢献した遠藤航 [写真]=Getty Images
勝利に貢献した遠藤航 [写真]=Getty Images
 U−24日本代表にオーバーエイジとして参加しているMF遠藤航が、25日に行われた東京オリンピック第2戦のU−24メキシコ代表戦を振り返った。

 日本は6分、堂安律の折り返しを久保建英が押し込んで幸先よく先制すると、12分に堂安がPKを成功させてリードを広げる。その後、退場者を出して10人となったメキシコに押される苦しい展開に。86分には1点を返されたものの、GK谷晃生の好セーブも光って逃げ切りに成功し、2連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。

 ボランチとして攻守に存在感を発揮した遠藤は、「立ち上がりはすごく良い入りができたので、2点取れました。前半は失点しないようにというところと、自分のところは常にボールを奪う、前向きに守備できるよう意識したので、そこはよかったです」と前半の内容に満足感を示した。一方、後半については課題も残る内容だったと語りつつ、逃げ切りに成功したことへの手応えも示している。

「後半の戦い方は少し課題を感じざるを得ないんですが、最後粘り守るというところはよかったと思います。相手が10人になった後にもう少しボールを動かしたかったのが本音ですが、勝てたので、そこはポジティブに考えています」

 遠藤は最後に「個人的には徐々にコンディションが上がってきていると思うし、初戦からやっているので問題ないと思います。連戦なので、しっかり休んで次もチームとしてしっかり勝てるように頑張りたいです」と次戦への意気込みを示した。

 グループステージ最終節は28日に行われ、日本は1勝1敗のU−24フランス代表と対戦。引き分け以上で自力でのグループステージ突破が決定する。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定