「兄が優勝してホッとした」 柔道女子・金メダルの阿部詩【会見全文】

0

2021年07月25日 23:25  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真女子52キロ級で優勝し、金メダルを手に笑顔を見せる阿部詩(2021年7月25日、日本武道館)=(C)朝日新聞社
女子52キロ級で優勝し、金メダルを手に笑顔を見せる阿部詩(2021年7月25日、日本武道館)=(C)朝日新聞社
 東京五輪の柔道は25日、女子52キロ級を阿部詩(うた)が制した後、男子66キロ級で兄の阿部一二三が優勝した。五輪で同じ日にきょうだいがそろって金メダルを取るのは日本柔道初の快挙。会見で阿部詩本人が語った全文を速報でお送りする。

【写真】「居酒屋のユニホーム」と酷評された東京五輪表彰式の衣装はこちら

■阿部詩会見 一問一答

――勝った瞬間、すごくうれしそうでした。どんな気持ちでしたか。また、兄の一二三さんが勝ったときもどんな気持ちだったのでしょうか。

 自分自身が優勝した時は、東京オリンピックの優勝だけを見て進んできたので、うれしさが爆発したかな、と思います。兄が優勝した時は、ホッとした感情と喜びが合わさった感じです。

――兄妹優勝は、なぜできたと思いますか?

 本当に私たち兄妹二人の周りには強いサポートをしてくれる方たちがたくさんいるので、その人たちのおかげで私たち二人は優勝できたんだと。あとは二人で金メダルを取ろうという気持ちが一番強かったから、優勝できたのかなと思います。

――コロナで行動が制限されているなかで、ここ(記者会見場)まで来るまでにお兄さんと言葉を交わすことはありましたか。

 表彰式を待っている間、二人で抱き合って「おめでとう」と言いました。

――どんな様子でしたか。

 兄から寄ってきてくれて、私も寄り添った感じです。

――お互いに掛け合った言葉はありましたか。

 いえ、「おめでとう」という一言です。

――それだけで二人で通じ合うと。

 はい。

――今日の4試合で、今までのように投げることができなかったと思いますが、どのように振り返りますか。

 この一年、本当に厳しい状況のなかで練習だったりトレーニングをしてきたんですけど、この一年で寝技だったり相手との組み手の部分を強化していたので、それがすごく生きてきたかなと感じました。

――さきほど兄妹二人で勝ちたいという気持ちが強かったということですが、あらためてどんなお兄さんですか。

 私の前をいつも進んでいて、先に私の背中を引っ張ってくれる存在です。

――メダルを見ていましたけど、金メダルはどうですか。

 私が本当に一番欲しかったメダルなので、すごくうれしいです。

――想像との違いは。

 思ってたよりはるかに重くて、中身も詰まっている重みもあれば、重量がすごいなと思いました。

――支えてくれたご両親への思いをお願いします。

 本当に、ずっとそばにいてくれて。本当に、支えてくれていたので感謝の言葉しかなくて、いつもはあまり恩返しができないんですが、二人でやっと少し恩返しができたと思います。

――観客としてはいませんでしたが。

 そうですね。別れ際に「頑張ってこい!」というふうに強い言葉をもらったので、今日は寂しくなく、画面越しに見てくれているというふうに、応援してくれているというのを心に留めながら気持ちで試合しました。

――それは今朝ですか。

 今朝です。

――イスラエルの者です。あなたにとって日本で、しかも由緒ある日本武道館で金メダルをとったことはどんな意味がありますか。

 私は日本人としての誇りをもって闘おうと覚悟をもっていたので、このメダルは、私にとっても、日本国民のみなさんにとってもすばらしいメダルになったんじゃないかなと思います。

――観客がいませんでしたが、寂しかったですか。

 少し寂しかったんですが、画面越しにみなさんが応援してくれていると信じて、今日は闘いました。

――決勝戦では担ぎ技をかなり警戒していましたが。

 ブシャール選手は強い選手であり、私のライバルであり、尊敬する選手でもあるので、肩車がうまくて、一度投げられたことがあったので、しっかりその対策をしながら、しっかりと自分の柔道をしようと考えていました。

――それは普段通りにやりきれたということですか。

 しっかり落ち着いて、相手を見ながら冷静に闘えたと思います。

(本誌・西岡千史)

*週刊朝日オンライン限定記事

妹の優勝見て「絶対やってやる」柔道・金メダルの阿部一二三【会見全文】

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定