『武士スタント逢坂くん!』コメディー作品でも細部まで“本物主義”を徹底

0

2021年07月26日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真日本テレビ深夜ドラマ『シンドラ』第16弾『武士スタント 逢坂くん!』に出演する濱田崇裕(C)NTV/JS
日本テレビ深夜ドラマ『シンドラ』第16弾『武士スタント 逢坂くん!』に出演する濱田崇裕(C)NTV/JS
 人気グループ・ジャニーズWESTの濱田崇裕(※濱は旧字体)が主演を務める、日本テレビの深夜ドラマ『武士スタント逢坂くん!』がきょう26日よりスタートする。(初回・第2話は深夜1時09分から)。ORICON NEWSでは毎週、あらすじとともに諸田景子プロデューサーが語る撮影秘話や注目ポイントを紹介。第1話では、ぶっ飛んだ設定のコメディー作品にも関わらず細部まで“本物主義”にこだわった裏側を明かす。

【場面写真】本格的な江戸ロケを敢行

 今作は、2019年11月〜2021年4月まで『週刊ビックコミックスピリッツ』にて連載された漫画を実写化。性の交わりを描いた浮世絵=春画師だった武士の逢坂総司郎(濱田)が、令和の漫画家・宮上裕樹の元へタイムスリップ。春画が理由で死ぬはずだった彼は現代で自由にあふれる「エロ漫画」に感激する。「まん画」に出会った春画師・逢坂が、時代を超えて「エロ」に「恋」と「自分の春」を見つけ出し、武士が漫画家アシスタントとして現代で生きていく物語だ。

 まず、現代にタイムスリップしてくる逢坂くんはなんと、亀甲縛りで登場。先行公開されたビジュアルではその原作再現率の高さが話題を呼んでいるが、「濱田さんご自身も逢坂くんのように、ピュアでまっすぐな方。逢坂くんに近づけるため、半年近くかけて逢坂くんの身体に仕上げていただくなど本当にまっすぐでした。初めて連絡したとき、身体作りについて言おうかと思ったところ、原作を読んで本人が『これはヤバい』と思ったようで(笑)。ジムのトレーナーさんに逢坂くんのように身体を仕上げてほしいとお願いしたそうです」と自ら進んで本気の肉体改造を敢行。

 そして亀甲縛りシーンでは「衣装合わせのときから本物の縄師さんに来ていただき、縄を痛くないように身体になじませ、調整していただき、濱田さんにもノリノリでやっていただきました。衣装合わせてで『これ、衣装です』とロープ1本を渡され、『これが衣装か…』と思ったらしいですが(笑)。亀甲縛りは、回想シーンなど今後も登場する予定です」と予告。その見事な筋肉美はもちろん、プロの手によって縛られた勇姿もみどころだ。

 さらに時代劇パートに登場する、逢坂くんを処刑しようとした暗君・鶯谷寛喜役の高嶋政宏の威圧感を出すために呼んだのはなんと“鷹匠”。「江戸ロケではお城がなかったため、どうやったら高嶋さんの怖さを出せるか考えた結果、鷹匠さんを呼んで鷹狩したり、高嶋さんが剣術を披露して春画をビリビリに破いたりしてその存在感を表現しました」と現代パートとの雰囲気のギャップも楽しめる。

 また、逢坂くんの描く劇中漫画・春画を担当するのは、ストリートカルチャーと浮世絵をミックスさせた作風を得意とするイラストレーター・グラフィックデザイナーのNAGA氏。逢坂くんの師となる漫画家・宮上の劇中画が、原作・ヨコヤマノブオ氏のアシスタントが担当。第1話から細部までこだわり満載で“逢坂くんワールド”がさく裂している。

■第1話あらすじ

中堅漫画家・宮上裕樹(今井隆文)は締め切り寸前、絶大なピンチに襲われていた。宮上のチーフアシスタントの緋村清人(森本慎太郎)は宮上の顔色を伺い、アシスタントの瀬戸(長井短)は、スマホでパシャパシャと写真を撮る。そのピンチの原因…それは、全裸亀甲縛り状態の裸の武士・逢坂総司郎が突然、部屋に現れたのだった。

「拙者、逢坂総司郎と申す。この通り、決して怪しい者にはござらん」

逢坂の話によると、風紀を乱すため、「性の交わりを描いた浮世絵=春画」が禁止されていた時代。春画師であった武士・逢坂は、隠れて春画を描いていたために、暗君・鶯谷寛喜に処刑されることに。「もっと、画を描きたかった…!」しかし、目を開けるとここにいたという。つまり、処刑寸前に逢坂は江戸から現代へタイムスリップしたというのだ。

締め切り寸前の宮上は訳の分からない状態に。不審すぎる逢坂に、宮上のアシスタント・緋村は「通報しよう」と促す。しかし、逢坂は、「枠の中で、人が、妖が生きている……!!」と初めて見た「まん画」に感激。しかも、エロ漫画が自由に買えるなんて、なんて素敵な世なのか…と号泣する。

どうか、宮上の下で「まん画」を学びたい!もっと画が描きたい!

ウブで純粋すぎる逢坂くんは、弟子入りを求め、宮上と出版社の担当編集との打ち合わせまで勝手に追跡。すると、出会った担当編集・丹内あたり(久保田紗友)に熱い胸の昂ぶりを感じる。とんでもないことをしてしまう!?

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定